初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。

占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ

占いをこれから始める人 占い師として商売をする 駆け出し占い師さんのためのヒント

プロの占い師のなり方と占い師・占い業をやっていくためのネット活用・集客の手順書

更新日:




ここでは占い師になりたい人、すでに占いが出来る人、プロで占いをやっている人のすべてに向けて、ネット集客ほぼ100%の私のやり方をお伝えするために書いています。

ネットで集客をしつつ占い師として収入を得たい人には役立つ可能性があります。

占いの人ではないけどネットで集客をしたいと思う人は「占い」という部分をご自身の商売に変えれば十分に使える情報になるはずです。

占い師さんって意外と孤独です。

占い教室で学ぶことが出来るのは占いの内容までの事が多く、そこから先の「営業」については自分で試行錯誤をするか、仲間同士で助け合うか、あるいは誰かに学ぶかしかないです。

プロの占い師のなり方、占い師・占い業をやっていくための手順書のまとめ

本文がものすごく長いので最初にまとめておきました。

・最初は占い師さんとネットの集客について書いてます

・【第一段階】占い業をやりたい人の素質と適正は、占いが出来るかどうかは重要では無く、他人を占う事が出来るかどうか

・どんな占いを勉強して良いか分からない時は、人気のある占いを選択すると間違いがない

・占いの勉強をゼロから始めるよりは誰かに教えて貰った方が挫折しにくい

・占いの資格を何か取るぐらいなら、有名な占い師さんに習った方がメリットが大きい

・【第二段階】占い業をやりたい人の素質と適正は、お金を取ることが出来るかどうか、そして、確実に回収する意識があるかどうか

・普通に占い業をやる人にとって一番大変なのは「集客」なので、ブログをこれから始める場合はアメブロから始めると良い

・ネットで集客をする場合、継続出来るかが一番のポイント

・ネットの作業は、最初は継続出来ることを目的として、慣れてきたら少しずつ読んでくれる人に合わせていく

それでは(お時間のあるときに)本文をご覧ください。



占いのやり方は多くても、思った以上に占いの商売に関する情報が少なくて挫折しやすい世界

思った以上に商売に関する情報が少なくて挫折しやすい世界

ネットで集客の活動をする人に多いのが、自分で見よう見まねでやって挫折するパターンです。

私は占いで活動をしている人のネット集客のサポートもしています。

ホームページやブログ作成も含めてサポートをやっています。

また、自分のネット活動とサポート実績などから得た経験値をもとにして、ここで書いています。

やり方などをご紹介する目的は、どうしたら良いか迷路にはまり込んでいる人に役立ったら良いなという目的です。

「今やっていることが理にかなっているのかどうかを確認してほしい」のと「作業の効率化」に役立ててもらえたらと思っています。

がんばっているのにいまいちな状態の時には、参考に出来そうな情報を使ってみてください。

やってみて難しいようであれば私の出番になりますので、その時にはワークショップなりを受けて頂ければと思います。

自分でネットの作業・集客が出来るように細かく話をしています

自分でネットの作業・集客が出来るならそれで良いと思っていますので、押し売りはしません。ご安心を。

このシリーズのメインテーマは、主にネット集客と価格設定などプロの占い師としてやっていくために必要なポイントを整理していくことにあります。

占いの学び方とか、どんな占いが良いかとか、そういうのは私の役割ではないので、個々で探して勉強してください。

私の役割は、学んだ占いをどうやって「ネット上で活かしていくか・商売としてやっていくか・長くやっていけるようにするか」をお伝えすることに特化しています。

このテーマを求めていらっしゃるようでしたら、この先もお付き合い頂けます。

さて早速ですが「占い師になる前」のお話から入っていきます。

すでに占いをされている方などは読み飛ばして次に進んでください。

占い師になりたい人の素質・適正

占いが出来るようになりたい人ではなく、占い師になりたい人のことです。

占いが出来るようになりたい人はここのテーマには合いませんので気を付けてください。

占い師になりたい人ならば、今、占いが出来なくても問題ないです。

占い師としての素質、占い師が合う合わないには目安があります。

占い師になりたい人はどんな形でも良いので「他人を占えるかどうか」が、占い師になれるかどうかの目安です。

「占いが出来るかどうか」は重要ではなく、技量はどうでも良いから「他人を占えるかどうか」、その度胸があるかどうかです。

どんな占術でも良いですし、本を見ながら占うのでも何でも良いです。

とにかく、他人を占うことが出来るかどうかです。

身内や知り合いでなく、赤の他人を占うのはものすごいプレッシャーがかかります

身内や知り合いでなく、赤の他人を占うのはものすごいプレッシャーがかかります

本を見ながらでも良いのですから、ど素人以下ですが、それでも「他人を占える」というのは大きいです。

「え?本を見ながらでも良いの?それならできる!」となるなら、占い師になる素質は十分です。

簡単そうに見えますが、赤の他人を占うとなると相当難易度があがります。

赤の他人は無料で占ってもらってるのに文句を言います(笑)。

占いの結果がよく分からないと「どういう意味?」と厳しく聞いてくるか、どうせ聞いても分からないと切り捨てられます。

身内を占うのとは次元が違います。

占い師に向いている人というのはいくつか条件があるのですが、とにかく他人を占えないことには占い師が向いているとは言えないです。

だからこそ「他人を占う」というのは素質になります。

占い師としての素質は勉強でどうにかなるわけでないので、頑張ってもどこかで心が折れます

占いの知識は後でどのようにでもなりますが、占いの知識があっても、占いが出来たとしても、他人を占うことが出来ない人はたくさんいます。

極端に言いますと、他人を占う事と占いが出来るようになることは関係がないです。

知識がたくさんあっても「占った相手から何かを言われたら耐えられない」という人は多いです。

見知らぬ人から何かを言われるのは相当重いです。

他人の人生だから自分には関係ないと思えるぐらい、相手と距離を置けるかどうかが素質に繋がっています。

ということで、赤の他人をどんな形でも良いから占うことが出来るかどうかが最初の関門です。

他人を占える人という前提で次に進みますが、日本には占いの国家資格というのはありません。

民間の占いの資格は山ほどあるけど、その資格は役に立たない

民間のどうでも良い占いの資格はたくさんあります。

これらは多少のはったりにはなるかもしれませんが役に立ちません。

いえ、役立てるコツはあるのですが、そうであっても「役立つだけのモノ」でないと意味がないです。

占いにおいて「資格」は「はったり」のために役立ちますが、最終的には役立たないと思って良いです。

その資格を占い業に使えると期待して取得するぐらいなら、ほかの資格を取ったほうがましです。

ただ、はったりであったとしても、とにかくどの占いが良いか選ぶ必要がありますが、どんな占いが良いかは人それぞれ好みや関心が違うので「これが良い」というのはありません。

でも、一応の目安はあります。

いくつもの占いを並行して使うか、一つずつを使うかで占い師のあり方も微妙に違う

いくつもの占いを並行して使うか、一つずつを使うかで占い師のあり方も微妙に違う

1つは、一つの占術、あるいは2~3の占術をひたすら勉強していくタイプ

もう一つは、使える占術、必要な占術をどんどん積み上げていくタイプ

どちらが良いとは限りません。

どちらも優れた点と微妙な点があります。

ご相談内容の深掘りが出来るのは一つ二つの占術を徹底的に勉強する占い師さんです。

一方で幅広いご相談に幅広く対応していくことが出来るのは使える占術を積み重ねる占い師さんです。

とちらであっても最初は「関心のある占い」を勉強するので良いです。

よく命占(めいせん)、卜占(ぼくせん)、相占(そうせん)を一つずつ学んだ方が良いと言いますがどうでも良いです。

命占とは西洋占星術や四柱推命など、誕生日などを使った占いです。

卜占はタロットや易などです。

相占は人相や手相などのことです。

これから勉強をしようとしている、あるいは占いを始めて間もない人はこだわりは不要で関心のある占いで良いです。

何をやったら良いか分からないなら利用者の多いジャンルが安心

全く初めてでこれからという人で、どうしても何か目安が欲しいならタロットを勉強すると良いです。

その理由は

1.ジャンル的にタロットで対応できる相談が多いという事

2.需要としてタロットを求めるお客さんも多いという事

3.カードがあれば鑑定が可能という事

4.極論本を見ながらでも鑑定が出来るという事

があります。

このブログの最終目的は、お金を貰うプロの占い師さんとしてやっていける事です。

だからこそ「需要の多い占いのジャンルをやっていく」ことは大事ですし、選択肢になります。

マニアックな占いだと知っている人が少ないので、集客の段階で苦労します。

これから始めたいという人は、こういう目線で占術を選ぶ方があとあと楽です。

もちろん、タロットの業界は激戦の上にお客さんもタロットの事をよく知ってます。

それだけ大変ですが、勉強するための本や教室はいくらでもあるので、学ぶことの敷居の低さもメリットになります。

もう一つよくある相談で、占い師になるため・占いが出来るようになるためには「教室に行った方が良いか、それとも独学でも問題ないのか」があります。

最初は本を片手に占いをしてても良いです。

占い教室や講座やセミナーは知識の習得スピードアップと仲間探し

占い教室や占い講座を受けるメリットははっきりしていて「占いを学ぶ時間短縮」と「仲間探し」です。

時間短縮は、あれこれと一人で悩まなくても教えてもらえる事、順序立てて勉強できるという事、途中で挫折しにくい事です。

独学だと「本当にこれで良いのだろうか」と不安になりやすく、やめてしまう可能性が高まります。

仲間探しは、占いをやる人との横繋がり縦繋がりを持つことが出来るという意味です。

占い業は個人業なので同業さんで友達などは出来にくいです。

でも、同じ先生に習っていたり、同じ教室に通っていれば仲間意識が出てきます。

何かの拍子に助け合うことも出来ますし、情報交換もしやすいです。

こうなってくると「どこの教室や講座が良いの?」となります。

良い教室を探すよりも、講座が終わった後、自分にとって役立つところかどうかで探す

良い教室を探すよりも、講座が終わった後、自分にとって役立つところかどうかで探す

教室探しの一つの目安として料金の高い講座なら良さそうという感じですが、講座の金額などはあてになりません。

高ければよいという事もなく、安かったらだめってこともないです。

ただ、ある一定のレベルを確保して教えてもらいたい場合は、手広くやっていて先生が何人もいるようなところを選ぶと良いです。

こういうところは金額もそこそこします。

時間を掛けて探せるなら、今ならブログなどでいくらでも情報が出ているので、共感を持てる先生を探すと良いです。

大抵は個人の先生になると思いますが、共感を持てる先生なら知識の吸収も早いです。

実はもう一つ選択肢があります。

上で「資格」のお話をしましたが、「資格」そのものには大して価値はないです。

でも、有名人に教えてもらったというのであれば、それが最初のうちは集客の手助けになってくれます。

私の場合なら手相家の西谷泰人先生とかです。

「西谷泰人先生に教えてもらった」という事だけで人が関心を持ってくれます。

実力不足を有名な先生の名前で集客力を補てん出来る

もう完全に自分の実力なんて関係ないです(笑)。

でも、最初の頃は集客力がないので、有名人の先生の力を集客に活かす選択肢を持つ事は有効です。

資格は何の足しにもなりませんが、先生の有名度合いはその人の鑑定を受けるための価値になるわけです。

有名人の先生に教えてもらうとなると授業料も跳ね上がりますが、その程度は集客の活動をしっかりやればちゃんと回収できます。

占いの勉強は果てが無いので、私としては学びながら他人を占っていく形を早く取ってくださいねって言ってます。

今は昔と違ってお手軽に他人を占うことが出来る環境がネット上にあります。

それらを活用して占いの経験値を上げ、実績を積んでいくことで、占いの勉強も身についていきます。

他人を占える、そして、占いの勉強もしていくとなれば、次のステージは「お金を貰う」という事になります。

人からお金を貰うという事は想像以上にプレッシャーになる

漸くブログの内容がプロの占い師の入り口に到達し、占い師として収入を得ていく入口に入りました。

プロの占い師になろうとするときに大きな壁が2つあります。

1つは上でお話をしたように赤の他人を占うことに耐えられるかどうかです。

赤の他人を占うという事は「結果を問われる」ということです。

身内や友人ならなんとなくでも良いかもしれませんが、赤の他人に対しては自分の発言で人の人生を動かす可能性が出てきます。

たとえば、結婚をしようとしている人に「この人はやめた方が良い」と言ったとします。

人によっては本当にやめることだってあります。

それぐらい占い師の言葉は重くなることがあります。

それに耐えられない人は占い業をやっていけません。

中には「クソみたいな占いだった」と怒る人もいるかもしれません。

こちらが善意であろうとなかろうと、非難を浴びせられる可能性があります。

そういった状況になっても、やっていくのが占い師です。

他人を占うというのは、ある意味での不感症が必要で、これがないと生きにくい世界です。

この関門を超えた後に来るのが「他人からお金を貰う」ということです。

占いに対する対価なのですが、これが難しいです。

その金額なら払っても良いという価値づけがされるからです。

おまけに自分で自分の価値を図るのは難しく、一体いくらをつけて良いか分からないこともあります。

最初の頃は知り合いの占い師さんからアドバイスを貰って、1000円とか3000円とかとつけたとしても、それで集客が出来るかどうかの責任を周りはとってくれません。

あくまで自分の判断で集客の出来る価格をつけていく必要があります。

お金を貰う事は鑑定に値段をつけることから始まり「その金額を確実に回収する」ということでもある

お金を貰うという事は鑑定に値段をつけることから始まり、「その金額を確実に回収する」ということでもある

当り前ですが、価格を付けるだけではだめで、きちんとお金を貰うことが必要になります。

世の中、意外にお金を払わないで済まそうとする人がいるものです。

お金を貰うのは当たり前に見えますが、お客さんが何かの拍子に支払わなかった場合、「まあしょうがないか」と諦める占い師さんがいます。

諦める理由は「無理には取れないから」という感じです。

趣味で占いをやるならどうぞご自由にという感じですが、それなら最初からお金をとるような設定をしなければ良いんです。

でも、意外とプロの占い師さんでもやりがちな事なので、お金を貰うというのは当り前のことではなく、結構難しいということです。

とりあえず料金を設定して、お金を貰うことを大事に出来れば、プロの占い師さんとしてスタート地点に立てます。

ここまでが占い師のなり方、プロの占い師への道です。

要は他人を占うことが出来て、それなりの知識があれば良いよっていうだけです(笑)。

資格が必要な業界じゃないので、完全な実力主義社会です。

このため、「出来るかできないか」の選別が最初にあるだけで、そこをクリアしたらスタート地点に立つのは結構簡単です。

ここからが本番です。

占い師として最も大変なのは、占いの実力そのものよりも「集客力」を付けること

占い師として収入を得ていくには「集客」が出来るかどうかです。
参考:「占いで稼げない人は原点に立ち戻ると稼げる可能性が高まります」

集客が出来るかどうかとは、お金を払っても良いよっていう人を集めるということです。

主な動きとして2つのパターンがあります。

一つは口コミで広がっていくパターン。

もう一つは地道に自分から集めていくパターン。

口コミの場合は友人・知人が多い人はこの傾向があります。

こういう人は集客にあまり困らないので、そのままのやり方で良いと思います。

私のように友人・知人はそんなにいなくて、人付き合いもどちらかというと広げない人間にとっては、口コミで広がっていくパターンはなかなか作り出せないです。

しかも、私の場合はネット集客なので尚更口コミのパターンは難しいです。

集客力が無い人は自分で集めていくしかない。これがスタート地点です。

残されるのは地道に自分から人を集めていくパターンで、このブログで取り上げているのも自分で人を集めていくやり方が中心です。

ネットで集客をすることを話題の中心にしつつ、リアルでの関わりにも触れます。

その上でネットで集客をするなら、ホームページかブログ、あるいはブログだけ。
※もし店舗を持っていたり拠点をもって活動を開始しようと思っている場合は「ネット作業が苦手な人のための無料でネット集客・簡単作業で結果を出せる「Googleマイビジネス超集客術」」が無料で始めることが出来て、しかもすごく効果的です。

これに加えて、ツイッターかフェイスブックの両方かどちらかを開設します。
参考:ツイッターやフェイスブックの使い方は「普通の占い師さんのツイッター・フェイスブックの使い方」を参考にしてください。

本当に最初の段階ならブログだけでも良いです。(ツイッターだけ使うという方法もあります。これはまた今度ブログに載せます)

周りに詳しい人がいないなら、無料ブログのアメブロを使ってブログを開設してください。

無料ブログは山ほどあり、アメブロ以外にも「はてなブログ」など有名どころがいくつもあります。

その中でも私は占い業ならアメブロが良いだろうと思っています。

いま、利用者が多いところを活用する方が何かと作業がやりやすい。それがアメブロ

いま、利用者が多いところを活用する方が、何かと作業がやりやすい。それがアメブロ

ネットで集客をするときには「集客をするための場所」が必要になります。

その最低限の場所がブログ(例えばアメブロ)であり、ツイッターやフェイスブックになります。

いきなりお金を掛けて始めて良いですが挫折しやすいので、サポートをしてくれる人が周りにいない場合はアメブロを使う方が良いでしょう。

それに、アメブロを上手に活用できないなら、有料ブログを始めても継続が難しいです。

ネット上で集客をするときに大事になるのは「ネット集客の作業は本業ではない」ということです。

ネットの作業は必要なのですが、あまりにガチではまり込むと「占い自体がおろそかになる」という可能性が出てきます。

更に、今は別の仕事をしつつ、占いは現状では副業というような場合、本業+副業+ネットの集客作業となります。

3つの作業が重なると負担も大きくなります。

こういう場合、ネットの作業はやるのですが、慣れるまでは出来るだけポイントを絞ったほうが良いです。
参考:「副業で占いをやりたくなった人が、ネットを使って集客する時に大切なこと」

もし、今は特に何かをやっているわけではなく、時間があるので占い業が出来たら良いなという場合は、ネットの作業に時間をさくことが出来るので効果的です。

いずれにせよ、ネットの集客にはネットの作業が必要で、その分の時間を確保しないと話は始まりません。

ここを御覧になっている人はすでにブログをやっている、ホームページも作ってる、ツイッターやフェイスブックもやってるという人も多いと思います。

うまくいっている人には参考になりませんが、どちらかというと「どうしたら良いかな」と感じていたり、最初からつまづいているという人に参考になるように書いてます。

最初に必要なのは活動の場なので、それを準備するのがまずは先決です。

それが準備できているなら次のステップに入っていきます。

ネットの作業の基本はシンプル。あとは創意工夫と効率化

私は泥臭い感じでしかやり方が分からないので申し訳ないですが、でも、結果は出やすいやり方をやっています。

それが「ブログを頻繁に更新する」というありがちなお話しです。
※店舗・拠点をお持ちの方は上で紹介したGoogleマイビジネスを頻繁に更新するやり方が使えます。「ネット作業が苦手な人のための無料でネット集客・簡単作業で結果を出せる「Googleマイビジネス超集客術」」

ブログの更新についてはいろんなことを言う人がいるのは確かです。
参考:「そのブログ誰も見ていないから安心してがんがん更新して♪」

でも、私が知っている占い師さんで集客が出来ている人は全員、このパターンから外れていません。

そして、ここから外れていくにつれて、集客力も弱くなっています。
参考:「ブログが書けなくなったときの書けるコツ・あなた(占い師)のブログに求められているモノ」

変な話、ブログを頻繁に更新する気さえあれば、ある程度の集客力は自然についてくるという、ものすごい楽な世界です。

リアルでは毎日お店をオープンさせないとお客さんが来ないからオープンします。

ブログもお店に見立てて、来てくれる人のために毎日更新してれば、継続的に訪問してもらえるようになり、ゆくゆくはお客さんになってくれる可能性が出てきます。

行けば更新されていることが認知されることが大切

何を書いたら良いか、どのようにやったら良いかは別に詳しくお話をしますが、手が空いたらブログを更新してれば良いです。

私はネットで集客が出来るようになったら、占い師さんにものすごいメリットだと思っています。

だって、空いた時間に集客を目的とした作業が「いつでも」出来るわけです。

ブログを気に入ってもらえれば、訪問者は24時間時間を問わずに訪問してきてくれます。

ブログを更新できるようになると、これだけのメリットが付いてくるのですから、やらない理由はありません。

それなのに頻繁に更新が出来ない人がいるのは「それをやる意味」と、「どういう風にやって良いか」が分からないためです。

また、毎日きちんと更新している人でもいまいち集客の手ごたえが無い人がいますが、これも原因ははっきりしています。

タイトルが意味不明なケースが多いためです。

ブログ更新に慣れてきたら、読んでくれる人が理解しやすいように微調整していく

ブログ更新に慣れてきたら、読んでくれる人が理解しやすいように微調整していく

記事投稿のタイトルだけでなく、ブログのタイトルもおかしな感じになることがあります。

これで集客できるならとっくに結果は出てますので、それが答えです。

でも、本人は意外に分からないので、頻繁に更新しているけど思った感じじゃない場合は、分かる人にタイトルをチェックしてもらった方が早いです。

あるいは知り合いで占いの事とかよく知らない人に読んでもらえば、はっきりします。

知らない人が見て「よく分からない」と言ったら修正が必要です。
参考:「ブログのタイトルと内容の書き方が分からないとき」

それと集客が微妙な人はブログの更新が適当という感じなので、手始めに更新を意識的にするところから始めると良いです。

更新と合わせて大事になってくるのが「申し込みを分かりやすくする」です。

占い師としてやっていくということは、鑑定の申し込みをしてもらうということです。

ところが、「どこから申し込んだらよいか分からない」というケースが多いです。

集客のため、売り上げをあげるためにネットの作業をしているのに肝心の部分が中途半端になっている

最低限こういう行動を取ってほしい目印を分かる場所に設置することです。
参考:「占い師が「これを忘れたら終わり」というブログ・サイト制作のポイント」

更新を頻繁にして、やってほしい行動の目印を分かりやすくして、最後にもう一つ大事な作業があります。

それが「自分の存在を知ってもらう」ということです。

このブログを御覧になっている人がどの程度の知名度をお持ちか分からないのですが、とりあえずゼロから出発した人を目安にしてお話しをしています。

ゼロ出発ですからその人を知っている人がいません。

その人の事を知らないなら、ブログをいくら更新しても来てくれる人はいないです。

ヤフー検索やグーグル検索からのアクセスも、作ったばかりなら数カ月は大して期待も出来ないです。

だからこそ、こちらから知ってもらうための行動が必要になります。

自分を露出していく作業もネット上で出来ますし、リアルでも大切になる

その作業はアメブロなら読者登録ですし、ツイッターならフォローなどになります。

また、ココナラやヤフー知恵袋を使う方法もあります。
参考:「ココナラやミンネ、占いの館で稼ぐならどうやるか?」

ネットだけでなく、リアルで対面鑑定などをやっているなら、お客さんにブログなどを紹介することも大事です。

「知ってもらう」という作業がアクセスに繋がるからです。

ここで「占い師がブログを更新する意味」について少し触れます。

占い師がブログを更新する意味は簡単で「広告効果」を狙っているからです。

占い師のブログに人が集まる理由は様々ですが、傾向として「気になることに答えてくれる内容が書いてある」ということがあります。

でも、これは検索からのアクセスがある場合です。

検索以外の場合は何らかの形でつながりがあります。

リアルで会ったことがあるとか、ツイッターやフェイスブックでつながっているとかです。

検索のアクセスよりも近い関係ですので、検索のアクセスよりブログに関心を持ってもらいやすいです。

検索でも関連性でもどちらのアクセスでも良いですが「最初のアクセス」があとあと効いてきます。

興味を持ってもらえる内容だと、また来てもらえる可能性が高まる

興味を持ってもらえる内容だと、また来てもらえる可能性が高まる

ブログの内容が訪問者と相性の良いものであれば、興味を持ってもらえます。

興味を持ってもらえれば、ほかの記事(投稿)も読んでもらえる可能性が高まりますし、更新も楽しみにして貰える可能性が出てきます。

きっちり更新をしていると、再訪問もして貰いやすいです。

これが繰り返されると自然と親近感を持ってもらえます。

更新の頻度を上げるほどに目に映る機会が増え、さらに親近感が深まります。

その結果、自分の存在が記憶に定着し、なにかのきっかけで鑑定の申し込みに繋がります。

ブログの更新頻度はそれほど重要だということです。

読んでくれる人がいるからこそ更新するのであって、更新したいから更新するわけじゃないです。

ここを勘違いすると、いつの間にか更新しなくなります。

ブログの更新は訪問してくれる人のため

更新の頻度が下がることで、「今日は更新してあるかな」と気にかけてきてくれた人が遠ざかります。

出会いのチャンスが最初にあるのは、ブログも同じです。

だからブログの更新が売り上げに直結します。

もちろん、ブログの内容も大事ですが、更新する意識が無いと内容も良いものになっていかないので、やっぱり更新は大事です。

ネットの集客で行き詰っているケースの多くは「更新が不十分」というのが一番です。

更新すれば良いだけなのですが、どうも読み手の事よりも更新したいかどうかという感じで作業しています。

でも、それではやっぱり難しいです。

アクセスしてもらうための場所の活性化とアクセスしてもらうために自分の存在を知ってもらうための活動、この二つの作業を意識して行うとそれなりに人が集まってきて、それなりに申し込みが増えていきます。

【追記】簡単に集客するにはお金を掛ける?【2017年12月31日】

ここまでもいろいろとお話をしてきたのですが、全ての作業は「集客をするため」です。

集客が出来るなら、正直、どんな手法であれ、なんでもOKです。

自然に集客が出来る人もいるのですが、私はそういうのは無理なので、こうやって地道に積み上げています。

特にネットで集客を始めると、最初は全然人が集まらなくて「なんでこんな作業をしているのだろう」となりやすいです。

それを回避するために最初から人のいるところで活動をするというやり方があります。

無人駅で占いをやるよりも、新宿駅出口で占いをやった方が集客出来る確率が高まるというお話です。

そのための手法として広告を出すやり方と、ココナラを使って「自分のプランを見直す」やり方を使います。

お金を掛けると集客は簡単なのですが、それだけでは続かないので要注意です。

詳しくは「占い師がネットで集客をする時に最も簡単な方法」に書きましたので、ネットで集客が出来なくて困っている場合は試してみてください。

 

次のお話「今までブログもホームページも作ったことが無い人はここから始めてください」

 

【ここで取り扱った関連するお話・リンク】
「占いで稼げない人は原点に立ち戻ると稼げる可能性が高まります」
「普通の占い師さんのツイッター・フェイスブックの使い方」
無料ブログのアメブロ
「副業で占いをやりたくなった人が、ネットを使って集客する時に大切なこと」
「そのブログ誰も見ていないから安心してがんがん更新して♪」
「ブログが書けなくなったときの書けるコツ・あなた(占い師)のブログに求められているモノ」
「ブログのタイトルと内容の書き方が分からないとき」
「占い師が「これを忘れたら終わり」というブログ・サイト制作のポイント」
「ココナラやミンネ、占いの館で稼ぐならどうやるか?」
「ネット作業が苦手な人のための無料でネット集客・簡単作業で結果を出せる「Googleマイビジネス超集客術」」

 


The following two tabs change content below.

占術家 内田和男

初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。ツイッターはこちら







 ネット集客ワークショップをやってます♪

【4月に大阪でお会い出来ます】
4月23日(月)~26日(木)は大阪に行く予定にしました。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)

 

ネット集客トップに移動

占い師に役立つ話

プロの占い師のなり方、占い師・占い業をやっていくための手順書 1

ここでは占い師になりたい人、すでに占いが出来る人、プロで占いをやっている人のすべてに向けて、ネット集客ほぼ100%の私のやり方をお伝えするために書いています。 ネットで集客をしつつ占い師として収入を得 ...

2

普通の占い師さんは「コミュニケーションツール」目的という以外に、ツイッターやフェイスブックを使う理由は無いです。 ※もちろん情報収集などにも使えますが、「自分の占い業のため」という条件を付け場合のお話 ...

3

ここの情報は平凡で知名度もなく、自分の力で何とかネットで集客をしたいという私のような人のために書いています。 占い師さん用にネット集客のやり方をブログに載せていると「手伝ってほしい」というご相談が来る ...

4

占い師さんがネットの作業で一番大変なことは「継続して更新する」です。 この継続して更新することを何とか出来ていたら、役立つコツなどがあります。 ここではそのコツを書いた投稿をまとめています。 &nbs ...

5

新幹線に乗る機会があるなら、私はJ-WESTのクレジットカードとEX-ICカードを取得することを周りの人に勧めています。 ※J-WESTカードはJR西日本のクレジットカードです(関東に住んでても取得で ...

6

有料のホームページやブログを作ろうか迷ったときは、自分で作れば良い <いろいろと説明しているので長いです> ここではいろいろとあるけれど、まあとりあえず自分でホームページやブログを作れば良いじゃないと ...

-占いをこれから始める人, 占い師として商売をする, 駆け出し占い師さんのためのヒント

Copyright© 占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ , 2018 All Rights Reserved.