他の人のブログの内容に似ている気がして書けなくなったとき

とにかく初心者のためのヒント

大事なことは他人のブログの内容では無く、自分のブログに来てくれた人に何を提供するか

ブログを書くようになると、他のブログが気になることがあります。

他のブログを気になると、自分のブログは他のブログと似たような事ばかり書いている気がするようになってきます。

このとき何を書いたら良いのか分からなくなることがあります。

こういうときに大切にしたら良いのは「自分のブログに来てくれた人に伝えたいこと」を書けば良いということです。

よそのブログにはいろいろと書いてあると思います。

今の時代、ネットで検索をすれば似たような情報は山ほど出てます。

だからこそ「自分のところに来てくれた人に必要な情報を提供したい」という想いが大事になります。

訪問してきた人にとって「よそのブログに書いてあるかどうか」は重要じゃ無い

訪問してきた人にとって大事なのは、自分の求めている答えが「このブログ」に載っているかどうかです。

だからこそ、ほかのブログに書いてあることであったとしても、「自分のブログでも書いた方が良い」ということになります。

だって、「自分のブログにはそれが書いてない」からです。

自分のブログに訪問してきた人にとって「それ(求めている事)」が書いていないなら、よそに行くしかなくなります。

機会損失をしないように、よそで書いてあるからと気にするのでは無く、来てくれた人がこのブログで全部完結できるようにブログを書いていくことが大切なわけです。

自分のブログにもよその人が書いているようなことを書く必要性が他にもあります

ブログには自然と個性がでます。

読みやすいブログもあれば、読みにくいブログもあります。

いわゆる相性になるわけですが、ブログとの相性は人によって全然違います。

自分のブログに来て読んでくれている人というのは、自分との相性が良いわけです。

自分に合った人が求めている情報を提供していくことで、将来のお客様になってもらえるチャンスが増えます。

いま、これだけネット上にいろいろな情報があるときに大事なのは、選んで貰えたというきっかけを逃さないことも大事になります。

だからこそ、自分と相性の良い訪問者が求めているだろうと思われる情報は、よそに書いてあっても自分のフィルターを通して再度整理して提供すれば良いわけです。

そうすることで、自分にしか作れないメディア(ブログ)が形になっていきます。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧