ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ネット集客でアメブロをすでに使っていてどうしたら良いか分からないとき

アメブロを使う時の注意点

今使っているものを整理して使い倒すことが第一です

このブログをご覧になる人は、すでにブログを運営している人が多いです。
そして、その大半はアメブロの人です。

今、過去のアメブロに関するお話は削除するか、大幅訂正をするかという感じで大分お話の内容を修正していますが、アメブロでも最初は十分です。
いえ、大して成果が無いなら、あるいはやり方がよく分からないなら、とにかくアメブロから始めちゃえば良いじゃないってお話ばかりしています。

今回のお話は、じゃあ、すでにアメブロを使っている場合はどうしたら良いか?ってお話です。

アメブロで集客をするときに大事なポイントは6つです

1.ブログタイトルの整理
2.キャッシュポイントの整理(訪問者にやって欲しい行動)
3.内容の整理(記事タイトルや内容)
4.コミュニケーションを増やす
5.更新頻度を増やす
6.時間が余ったら見た目に力を入れる

アメブロの場合はこれが最初の整理になります。
私がサポートする場合は、1~4,6を受け持つことが多いです。

優先度が高い順番に並べています。

まずタイトルの整理ですが、自分で好きなタイトルを付けるのでは無くて、自分が提供するサービスを元にします

提供するサービスに対して、自分が検索をするならどんなキーワードで検索をするかを考えます。
ここはかなり重要なポイントになります。

ブログタイトルは検索でも最も中心となる言葉なので、ここにどんなキーワードが来るかで訪問する人が変わってきます。
自分が検索するならっていうのも大事で、自分ならどういう想いで、どんな感じに言葉をい5れるかが自分と検索者を繋げてくれるキーワードになります。

次に重要なのが2のキャッシュポイントです

いわゆる「申し込み」などについてです。
これがついたりついていなかったりすることが多いので、ここを毎回同じような感じで設定します。

ありがちなのがここがごちゃごちゃしやすい点です。
ベストは1つだけ載せること。

そうすれば常に目につく感じになり、記憶に残りやすいです。

3の内容の整理は1と2がしっかり出来ると意味が分かるようになってきます

ブログを更新するときに大事なことは、その内容が読み手にとってどんな意味があるかを想像しておくことです。
書き手にとってどんな意味があるかは重要じゃ無いです。

趣味のブログと商売で使うブログはここが違います。
趣味は書きたいことを好きなように書いていくブログです。

商売の場合でも同じように書きたいことを書くのですが、読み手が読みたいと思える内容で自分が書きたいと思うものを書いていく感じです。
そうすると情報発信と情報受信のニーズが一致して、相手と自分の繋がりがつきやすくなります。

書くことを整理する、書くことを考える、これが継続できるようになると大分書くことに対する意識が変わっていきます。

4と5は似たようなものですが、コミュニケーションを増やすって言うのは見た目のアクセスなどに変化が出やすいので効果的です

ただ、これが苦手なんですっていう人が多いのも確かです。
そのためにこんなプランを作ってみました。

アメブロで更新だけで手一杯という人には丁度良いかと思います。
アメブロは特に顕著なのですが、自分が動いた分だけ人が集まってくる仕組みになっています。

このため毎日ブログを更新する+アメブロの中の人のブログをせっせと見に行く、コミュニケーションをとっていくとアクセスが集まります。
非常に分かりやすくて使いやすいので、私はこの点がアメブロの良いところかなって思ってます。

ブログは自分が作業をしたからと言ってなかなか成果が目に見えないです。
ところが、何かをやったら何らかの反応が目に見えるっていうのは、やる気の維持に役立ってくれます。

最後の6については、最初のうちはお好きにどうぞぐらいです

「自分」というブランドが出来てくると、見た目の重要度は下がってきます。
ただ、訪問者のための利便性を上げるために見た目に工夫をするっていうのはやっぱり大事。

見た目はもちろん大事な事は大事なのですが、いきなりそこから力を入れても、人が集まってきていない状態では厳しいので一番最後の優先度になっています。
一通り形が整うまでには時間が掛かるかもしれませんが、整理が出来るとあとは毎日やることは同じなので大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました