ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

無料占い・鑑定を続ける期間は長ければ長いほど良い理由

とにかく初心者のためのヒント

無料占い・無料鑑定は非常に疲れますが、無料占いを長く続ければ続けるほど大きなメリットがあります。

それが「人脈の開拓」です。

初心者・ベテラン関係無く占い師に必要なものは「鑑定の申込み=集客」です。

鑑定の申込みのためには「申し込んでも良い」と思って貰える必要がありますが、どこの誰とも分からない占い師に相談する人は少ないです。

占って貰ったという理由だけで選んで貰える可能性が高まる

相談するにはそれだけの理由が必要で、その中でも最強なのが「過去に占って貰ったことがあるという実績」です。

この実績は無料でも有料でも同じで「この占い師さんに相談した結果はこうだった」という体験が元になっています。

占ってもらったことがあるという実績は未来の集客に大きく影響をするわけです。

たしかに目先の得られるであろうお金や掛けている労力を考えると、無料占いは割に合わないように見えます。

しかし、初心者占い師さんは全く事情が違います。

無料占いで得られる経験の対価は疲労とストレス

口に出すとひどい話ですが、初心者占い師さんの占いにはお金を払うだけの価値がないです。

だからこそ、掛けた労力・精神的な疲労が無料占いをさせて貰って経験を得るための対価になります。

つまり鑑定を受けてくれた人の方が持ち出しが多いということです。

それでも無料であることで、依頼が来やすいですし、経験を積みやすくなるメリットがあります。

これらも踏まえ最初は「ヤフー知恵袋」などの相談内容が既に書いてある相談に答えていくスタイルが良いとお話をしてきました。
参考:「ヤフー知恵袋で答えていくのがおすすめ」

初心者占い師さんは占いの経験が少ないだけでなく、占いの受け答え、流れ、その他対応を含め全ての経験が少ないです。

知識と経験の底上げをするために数をこなす

ヤフー知恵袋は相談内容を事前にチェックして、自分で答えられそうな内容について占っていけば良いので、経験が少ない初心者占い師さんにはぴったりです。

しかも、ヤフー知恵袋に書いてある相談は要点がはっきりしていることが多いです。

これは相談を書き込む人がヤフー知恵袋に慣れているという点もありますが、相談内容をはっきり書かないと答えを書いて貰えないからです。

募集型(ブログやツイッターで募集する、またはココナラなどを使う)の無料占いの場合、相談内容が相談されるまで分からないのはもちろんですが、相談内容が曖昧なこともあります。

占いに慣れていると相談内容が曖昧でも相談者とやりとりをしながら整理が出来ますが、初心者占い師さんはそのまま占ってしまうかも知れません。

これも経験ですが、これもしんどいです。

自分から鑑定をしていく事で鑑定スタイルを作り上げる

このため最初はヤフー知恵袋などの相談書き込み型にこちらから鑑定をしていく能動的な無料占いがやりやすいです。

ここでの経験によって、あなたに合った「占いのスタイル」が作られていきます。

得意な相談や苦手な相談なども徐々にはっきりしてきますし、当たりやすい占い、当たりにくい占いもはっきりしてきます。

占いの経験を増やしながら、どういう受け答えが良いか、どこまで占う事が良くて、やらない方が良いことは何なのかという、占いに付属する全ての経験値も高めていきます。

無料占いは人脈を広げると共に、この経験を増やしてくれます。

無料占いをずっと続けられない理由

初心者占い師さんはお金を気にしなくて済むのなら、無料占いはいつまでやっていても良いぐらいです。

それにいずれは有料になります。

無料占いを続けようと思っても、こつこつ占いを続けていれば、必ずお金を払いたいという人が出てくるからです。

それまでの間は無料占いでひたすら経験を積み上げていけばいくほど、後々、集客も楽ですし実践も楽に出来ます。