売れるブログは買いたい内容・仕組みになっている?

売れるための理屈は後からついてきます

アクセス数を増やす簡単な方法はシンプルです。

今の私ならブログを更新しつつ、ツイッターの拡散アカウントで広めていきます。

ブログは好きな事を書くのではなく、私のブログに求められている事を書きます。

このネット集客のブログも、訪問をしてくる人にとって「結局これなのか・・・」をお伝えしたくて書いてます。

売れるブログはとりあえず「認知」がある

認知とは知られているってことです(知られる環境にある(検索上位など))。

知られるにはいくつか方法がありますが、検索で訪問してくるか、ツイッターやフェイスブック経由でやってくるか、リアルのチラシや面談などでやってくるか、方法はいくつもあります。

でも、やることはそれほど多くなく、小手先じゃなくコツコツと継続していることがポイントになります。

大事なのは、手段はいくつもあるけれど「自分が出来る事は限られている」ことに着目します。

そして、その中で「やれること」を選びます。

売れるブログは必要な事をやり続けています

闇雲に作業をすると息切れがして続かないので、必要な作業の中で続けられる作業を選択します。

私が関わる占い師さんのほとんどは「ネットで集客」をしようとする人が多いのと、基本的にブログで集客をしようとすることが多いです。

このやり方の場合、やることは最初の段階は「ひたすらブログを更新する」だけです。

ブログで売れる感じがしないなら、1日に何回もブログ更新をしても良いぐらいです。

ブログで売れる感じがする人ですら、ブログ集客メインの人は1日に1回は更新しています。

やり方は確かにあるけれど、大事なのは継続力

やるかやらないかってだけです。

ノウハウもツールも要らないです。

ブログを訪問する人にとって「これを知っておくと役に立つよね」「こういうことを知りたいよね」っていうことをひたすら発信していく。

これをやるかどうかです。

せっかく更新するんだから良い形で作っていく方が良いです。

書き方を教えて貰うにはお金が掛かります

でも、自分で試行錯誤しながらでも出来る事でもあります。

とりあえずブログ更新の回数が最低100ぐらいは欲しいです。

要するに100投稿。

100ぐらい更新をすれば、ブログを書く感覚は分かってきます。

次に読者のことを考えながら書いていくステージに入っていきます。

読者の事を考えながら書くようになって、初めて買いたくなる内容に近づいてきます。

ここに来るまではブログで売れる感覚はなかなか感じにくいかも知れないです。

タイトルとURLをコピーしました