売れない占い師は人気・実力が理由じゃ無い?

売れない占い師は人気・実力以外に問題があるかもしれないですというか、ほぼそれ以外の理由の可能性が高いです。

ネットで集客活動する時に大事なのは「どこにアクセスを集めて」、集めたアクセスを「どこへ流すか」、そのために必要な事は何かを明確にすることです。

イメージとしてはブログにアクセスを集めて、申込みページに流すという感じです。

ツイッターでアクセスを集め、ブログにアクセスを流すのでも良いです。

占い師の集客をする場所と、サービスを買って貰う場所は違います。

集客はブログ(ツイッター)ですし、サービスを買って貰う場所は鑑定一覧になります。

何となくはイメージしていても、実際には抜けが多くなっていることもあります。

ブログやホームページ、SNSのどこに力を入れるか

更新をせっせとする場所は「集客の場所」なので、「サービスを買って貰う場所(鑑定一覧)」はそんなに触りませんし、触らなくてOKです。

また、サービスを買って貰う場所を前面に出す必要もありません。

どこにアクセスすれば鑑定の申込みがあるのかが分かればOKです。

売れるために大事なのは「集客の分野」に力を入れることです。

サービスを買って貰う場所は、ミンネとかココナラとか、自分のホームページの鑑定一覧とかいろいろとありますが、それは作ったらとりあえず放置です。

ココナラとかで売れない占い師さんはここを勘違いしてます。

あるいは自分が作ったものが売れない人もここを勘違いしている可能性があります。

あなたの商品(サービス)の内容と必要性を知って貰う

サービスやものを買って貰うために必要な事は「それが必要」という人に情報を届けることです。

あるいは「それがあなたには必要」ということに気がついて貰うことです。

だからこそ、売る場所(申込みの場所)を定めて、商品やサービスをそこに並べたら、後は放置で良いです。

商品を並べた後も、その場所をあちこちいじっても、それで誰かが来てくれるわけではありません。

だって、知られていないからです。

知っていたとしても、その価値を理解出来なければ、申し込まれる可能性も低いです。

究極、必要と思われない、あるいは気づかれないなら「売れるわけが無い」という結論に達します。

人気が無いとか実力が無いとか、そういうことに意識が向いてしまうことがありますが、実際は違います。

人気とか実力以前の問題として知らないだけ

だから、知って貰うためにブログを更新する、ツイッターなどを活用することが必要になります。

お店は作ったけど、その商品について説明が無かったら余程有名な商品じゃないと買って貰えないです。

でも、有名かどうか、人気かどうかなんて関係無く、「あ!これって自分に必要!」って思って貰えたら、買って貰えるのが今の時代です。

お客さんが来ないと悩む時間を「これってこうなんだよ」って発信していくだけで良いです。

そうすれば、少しずつ広がっていきますし、少しずつ選んで貰えるようになります。

売れない理由は売れるために必要な作業をしていないのが本当のところかもしれないです。

タイトルとURLをコピーしました