ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

収入を得たいと思ったら、ネットを活用すると良い

お客様に選んで貰えるコツ

収入を得たいと思ったとき、ネットほどお手軽で便利な手段は無いので、すぐやると良いです

先日、鑑定をしたお客様にもお話をしたのですが、何かをして収入を得たいなら、ネットを活用するっていうのはすごく便利です。
理由は前にもお話しましたが、参入障壁が低いからです。

参入障壁の低さが大変な側面もあるけれど、とにかくやってみようっていう場合には非常に便利です。
このお客様の場合は、趣味で写真をやっているということで、これでやっていけないだろうかっていう話でした。

すぐには無理だと思いますが、売れるものを持っていることになります。
写真でも技術でも、ハンドメイドでも、家庭菜園でも、書道でも、経理の知識でもなんでも需要があるものならばOKです。

占いだって需要があるからこそ商売として成り立っています

占いが商売で成り立つなら、上で挙げたジャンルは全部商売として成り立ちます。
ただ、ネットで商売をすることに関してノウハウも経験もない状態で始めても売れません。

だから、とにかく経験を積むために始めてしまえば良いんです。
売る手段は山ほどあります。

画像販売サイトはたくさんありますし、ハンドメイドでもなんでも、今なら売りやすい環境が整っています。
ただし、売りやすい環境が整っていることと、売れることは同じ意味じゃ無いです。

売れるというのは、そのサービスを求めている人がいるってことです

自分のサービスが求められているのかどうか、自分のサービスを欲しいという人に情報を届けられているかどうか、これらは常に検討事項になります。

そうでないと、売りやすい環境は整っていても、売れません。
これがネットで商売をやるときに勘違いしやすい点です。

ネットショップに商品を並べたのに売れませんってなるのは、それを求めている人に情報が届いていないか、そもそも求められていないサービス(商品)なのか、どちらかです。

そういうことを調べて調整しないといけないです

そのために必要なことは、一日も早くネット上で活動を開始することです。
最初はブログとツイッターで十分です。

ブログは自分の情報発信のためです。
ツイッターは自分から読者を広げていくための営業用です。

才能がある人はこんな泥臭いことをしなくても売れるかもしれないです。
でも、私はそういう人では無いので、地道で確かな方法しか言えません。

仮に写真を売るとなった場合のお話をします

最初はとにかく無料でばんばん提供していきます。
ツイッターには撮った画像をどんどん載せて、使用も自由にどうぞって感じで流していきます。

ブログでは写真を撮る経緯や想いなどを綴っていきます。
写真の世界はよく知りませんが、商売のための写真ならば「需要のある写真を撮る」ということが必須になります。

「こういう写真を載せたいんだよな」っていう需要は常にあります。
ただ、それが分からないから撮りたい写真になっちゃうわけです。

でも、撮りたい写真に需要は無いです

需要のある写真、無い写真っていうのを経験で学んでいくのが最初の段階です。
最初は売れません。商売にもなりません。

ここで経験を積むか積まないかで全然違うんです。
ネットで収入を得る、ネットで何かを売るっていうのは間違いなく出来ます。

でも、売りたいものを売るっていうのでは売れないことが多いです。
それを経験して、求められるものを売っていくためには少しでも早くネット展開をしていくことが大事になります。

やればやるほど反応が無くて心が折れそうになりますが(笑)、それが世間と自分のギャップって事になります。
ギャップを埋めるために試行錯誤していけば、どこかの段階で売れ始めます。

そこまで来るためにも一日でも早くネット展開をしていくことがポイントになります。

タイトルとURLをコピーしました