ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

占い師が集客するときに大事なのは売上の前に自分を見て貰うこと

とにかく初心者のためのヒント

占い師に限りませんが、ネットで集客するっていうことは売上を上げるって事じゃ無いです

ブログを開設してやりがちなのが「これで人が集まってきて、これで鑑定が売れる」って思っちゃうことです。
ネット初心者の場合、ブログを開設すること自体がとっても大変だし、ブログを書くのも大変なので、この気持ちは分かります。

そして、数週間ほどたって「気になる事などがあったらいつでもご質問をどうぞ」みたいな感じで読者に投げかけちゃいます。
反応が無くて心が折れる。

ネットは良くも悪くも関係性があるか無いかです。
知名度があれば放っておいても向こうが見つけてくれます。

知名度が無い人は見つけられてもスルーされます

かわいいとか美人とかそういう特徴があれば立ち止まって貰える可能性もありますが、それは何か求めているものと違う、そんな感じです。
だからこそ、今までネットでの活動経験が無い、あるいは占い師としての活動が無い場合は、「占いを売ろう」とするのではなく、「自分を知って貰おう」とすることから始めると良いです。

自分を知って貰おうと言っても、今日何を食べたかっていうのはどうでも良くて、「自分の占い」を書いていくわけです。
こんな事が大事で、ここのところを勘違いしやすい、そんな感じで気になっている事、考えている事を書いていきます。

伝えようとすると途端に何を書いたら良いか分からなくなりますが、自分が想っていることを書くところから始めるとやりやすいです。

文章の長さも関係無いです

短くても長くても、まとまっているならそれでOK。
昔は短い方が良い、あるいは今なら長い方が良い、いろいろと基準があります。

でも、そんなことを考えていたらどんどん書けなくなります。
大事な事は自分を伝えていくことなのに、書けなくなったらやり方が間違っているということです。

短くてもOK、長くてもOK。
大事な事は書けることを書いていく。

最初の1~2年ぐらいはこの繰り返しです

集客=知って貰うっていうのは似ているのですが、売るための集客と知って貰うための集客は違います。
知って貰うための集客は「売ろうとする意識」は要りません。

ただひたすら、話しかけていく感じです。
一方で、売るための集客というのは、「このサービスを受けた結果どうなるか」という未来の話をすることが増えます。

鑑定を受けたらこうなるよって感じです。
知名度がある場合はこのやり方から始めても良いのですが、無い場合は逆効果になりやすいです。

人は知らない人からものを買うことは少ないからです(欲が絡まない限り)。
まずは自分の知っている事を伝えていくことです。

そうすれば、徐々に関心を持って貰えるようになり、徐々に「買いたい」という人が出てきます。
ここを焦るとうまく行かないって事に気がつければ最初の関門クリアです。

タイトルとURLをコピーしました