占い師がネットを活用するのは儲けるためじゃない理由

自分を知って貰うためにネットやブログを活用する意識の方が結果的にうまくいきやすいです。

駆け出しの占い師さんはもとより、今までネットに縁がなくて、これからがんばってみようと思っているベテラン占い師さんでも同じなのですが、ネット集客に過大に期待しすぎることがあります。

こういうことを書くと「他に何か方法があるはずだ」みたいな感じで、手法探しで迷走する人が出てきます。

「ネットで稼ぐ」っていう情報はものすごく多いですが、今はよく分からない人がそういう情報を見ても、お金を貢がされて終わる可能性のほうが高いです。

「稼ぐ」言葉の意味を取り違えている可能性がある

給料を貰うことになれている人(パートやアルバイトを含む)は、自分で1000円を稼ぐ事の大変さがいまいち分かりにくいです(大変なのは分かる!と言いつつも、実感が無いです)。

他人から1000円を貰うことを具体的にイメージ出来るなら、「ネットで稼ぐ」という言葉に反応しても大丈夫です。

ブログを1ヶ月で1000個作る。

1ヶ月でブログのお話を200書く。

適当な例を挙げましたが、これが出来るなら、ネットで稼ぐことに夢を持っても良いかもしれません。

ネットで稼いでいくのには時間と労力が掛かるので「楽じゃない」です。

知らない人から100円1000円を貰うためにはどうしたら良い?

商売をするとは、知らない人に物・サービスを買って貰うことです。

それって超大変なのですが、伝わりますでしょうか。

「いけそうじゃない?」っていう人は、このブログは見てないと思う。

私がこのブログをやっている目的は稼ぐためじゃなく、情報提供をすることで私自身も学びつつ、「私」という存在を知って貰いたいからです。

手法はどうであれ「私」という存在の認知が高まるとネットを活用する中で食いっぱぐれなくなってきます。

「ネットでどんどん集客して稼ぐぞ!」なんて思って作ったものを読みたい人は少ないですし、関心も引きません。

それよりも「この情報は役立つと思う」っていう情報発信と情報の共有、ネットの先にいる人との交流のほうが重要です。

情報の共有は時間が掛かるけれど、人が集まってくる

出来ることを一つずつ積み上げていくと、半年後、一年後には誰かが見つけてくれます。

そういう意味ではネットの仕組みはものすごく役に立ってくれるわけです。

でも、こういうのは「稼ぐ」意識では難しいです。

自分だけ得をしようとしているのは伝わります。

ネット集客の方法はいくらでもあるのですが、「売ろう」「稼ごう」とした時から「結果が出ないと心が折れて」止めちゃいます。

そんな占い師さんもちらほら目にします。

本当はとても良いことを始めているのに結果優先になってしまうことで、自分からチャンスを逃しています。

占い師さんは自分でちゃんと分析した方が良いですけど(笑)。

ネットは儲けるためじゃなくて、自分を知って貰うために使う意識でいると、放っておいても注文が入ってお金が入るようになります。

タイトルとURLをコピーしました