ホームページ・ブログ作成を業者に頼んで出費・苦労が増える人

とにかく初心者のためのヒント

ネットの事がよく分からないので、業者に依頼したいと思ったらまずいこと

ホームページ製作業者の営業妨害をするつもりはないですが、ホームページの製作やブログ製作は、依頼側がネット集客に対して意識が高くないと難しいです。

理由は、ホームページやブログは「作ってからが修正の本番」だからです。

作るまでも大変ですが、実際には作ってからの労力も大きいです。

業者に依頼するということは、公開されるまでにひと手間掛かります。(その分時間が掛かる)

そこそこの会社であればそれでも良いです。

でも、個人規模ぐらいでそんなことやってたらうまく行くわけが無いです。

自分でやる良さはスピード感

自分で思いついたことをすぐに実行出来ることが、ネット集客では効果的です。

業者に依頼するのがダメというよりも、スピード感が付いてこないから難しいという話です。

ただ、今ならワードプレスのようにブログを使う事も出来るので、見た目だけ業者に依頼して中身は自分でやる手法も多いです。

アメブロとかでも似たような感じに出来ます。

テンプレを作って貰って、中身は自分でやります。

ブログなりホームページなりでやるなら、これぐらいが落としどころです。(なれている人は別)

ただ、これでもうまく行かないかも

思った以上に商売に関する情報が少なくて挫折しやすい世界

自分でやるにしろ、業者に任せるにしろ、ネットに情報を公開する最初の段階はクリアしているけれど、集客という段階でつまずく可能性が高いからです。

私が委託されてサイト運営をしているところ、サポートでサイト運営をしているところは、全権を私に貰ってます。

気がついた時に私が修正出来るようにしています。

もちろん、サポートでサイト運営をしているところは基本的に持ち主にやって貰ってます。

私はタイトルチェックや中身チェック、本人の手の届かないリンクや全体の構成を私の方でその都度修正してます。

そういうことは普通は出来ないし、そこまで手が回らないからです。

一人でやるのが難しいところをサポートしてもらう

一人でやるのは難しいところもありますが、安易に業者に任せるのも難しいです。

体裁が整ってもその体裁は使っていく中でどんどん微調整するのが本当です。

結果的に良い形を作って貰おうと業者に任せるとオプションでお金が掛かっていきます。

それもあって私は体裁よりも中身で勝負した方が良いってよく言います。

中身にも約束事があって微調整が求められるけれど、それはスキルの問題です。

私がサポートをしている占い師さんはタイトル付けを学んでもらうことが多いです。

「なぜそのタイトルを付けるのか」を、ブログを更新する度に考えて貰ったりします。

自分で考えながら出来るようになると結果も出やすくなります

だから、業者に任せられるようになったら僕は手を引きますからね~っていつも言ってます。

到達点は業者だろうと自分だろうと、商売が成り立っていくことのはずです。

そこに向かって行くならやり方は何でも良いけれど、自分がよく分からない状態で依頼するのは苦労が増えてお金が出ていくだけかも知れないです。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧