ブログを始めたときに一番大事なことは見た目じゃない

気合いを入れすぎると書けなくなる

占い師さんに限らず、商売を始めた後でブログを始める人は結構多いです。

ホームページは業者に任せたりすることもありますし、ブログの見た目を業者に任せたりすることもあると思いますが、とにかくブログを始める人は多いです。

始めた方が良いっていうアドバイスを貰うからだと思います。

でも、ブログって意外に書けない

私自身、ずっと「ブログには自分の商売の事だけ書いてね」ってお話していますし、リアルで占い師さんとお話をするときも同じようにお話しています。

ただし、ブログについてよく分からないはずなので、ブログを始めたばっかりの人には違う事を言います。

「とにかく止めないようにやってください」って。

商売上、ブログに書く内容は売りたいと思っているものに、関連することが大半を占める必要があります。

別にプライベートの事を書いても良いのですが、それがメインじゃないため「大半」が商売のことです。

これは必須です。

でも、ブログを書き始めると、ちゃんとしたのを書かなきゃいけないと思ってしまう

こうなってくると、とにかく「何でも良いので書く事を止めない」というアドバイスに切り替わります。

理想となる到達点はありますが、人それぞれスキルも経験も意識も違うため、それに合わせて出発点も変わります。

日常の事なら毎日書けそうとか、2日おきに書けそうとかなら、それでも良いですし、スマホでも良いなら外で書けそうとかでも良いです。

ちゃんとしようとするから書けなくなることはたくさんあって、とにかく今年はブログを書くことを大事にしよっていう目標でも良いです。

そして、書き慣れてきて、自分が書きたいな~って思える事が浮かんでくるようになったら、徐々にそれを増やしていけば良いです。

書き方のコツ、タイトルのコツ、いろいろとあるのは確か

でも、そういうノウハウを意識してしまうと、ブログを書くスピードや更新頻度を急激に落とさせます。

これで大丈夫なんだろうかって不安になるからです。

そんなノウハウは脇に置いて、なんでも良いから書いたら良いよ、書く事で合格!となれば少し楽になります。

最初のうちはそれで本当に合格なんです。

ネット上で大きく展開出来る人は別ですが、そうじゃない人にとっては1日1日の積み重ねが後々、大きな力になってきます。

ネットの仕組みは、更新の頻度(運営期間~)も重要視されます。

完璧にやったって思ったような結果になんて出ないのがこの世界です

だからこそ、なんでも良いから書く事から始める。

ブログとかがよく分からない人にはこれが一番楽です。

最初の内は、今日は良い天気だな~っていうのだって良いんですから(笑)

書いているうちに、他の事も書きたくなるし、「これってどうやれば良いのだろう」っていう発想にも繋がります。

そうやって広げていく最初の一歩、なんでも書くです。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧