ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ブログの内容は長い方が良いか短い方が良いか?

とにかく初心者のためのヒント

ブログをやっていてなかなか成果が目に見えないときにはまりやすいポイントが文章の長さ

ブログの内容が長い方が良いか短い方が良いか迷う場合があります。
これはどんなブログにしたいかで変わります。

どうでも良いような内容のブログにしたいなら、短いでのOK。
何かを伝えたいなら短くても長くても良いから、ちゃんと伝えたいことを書く。

文章が短いか長いかが大事じゃ無いってことです。
文章の長短なんて所詮テクニックでしか無いです。

長いか短いかで人が来るのでは無くて、タイトルと内容で判断されます

私のブログは基本的に文章が長く、以前、コメントを入れることが出来るようにしていたとき「文章が長い」って入れられたことがあります。
そういう人は読まなくて良いのに、なんでわざわざコメントを入れるんでしょうね(笑)

ブログを書くときに大事になるのは、読み手のことを考える必要はありますが、読み手に左右されたらダメということです。
読み手の希望に合わせて書いたって良い内容が書けるわけ無いです。

需要を知って、それに答えを書いていくことは大事です。
でも、こうして欲しい、ああして欲しいなんていう要望に合わせる事は不要です。

合わせれば合わせるほどだんだん書けなくなっていきます

ブログが書けなくなる理由は、書きたいものを書くのでは無く、書かされるようになるからです。
ブログって人選びのツールなんですよね。

自分に合う人を選ぶ物です。
読者に合うものじゃ無いです。

選んで貰おう、読んで貰おうとするからどんどん書けなくなるし、何を書いたら良いか分からなくなります。
ネット業を商売とするなら別ですが、自分の占いなりサービスなりについて書いていくなら、書きたいものを書く事が大事です。

それが結果的にブランディング(自己表現)になっていきます

自分を出したブログを書くからこそ、だんだん「この人良いな」っていう感じで「選ばれるようになる」わけです。
短い方が読まれるからとかはどうでも良くて、「この人のブログを読みたい」と思って貰うために必要な事って何?ってことです。

それはその人が書きたいこと書き、結果として共感を持って貰うことです。
ブログの内容が長いか短いかはどうでもよいお話です。

タイトルとURLをコピーしました