ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

集客に効果的なブログ・FB・ツイッター・ホームページの利用法

とにかく初心者のためのヒント

手段はたくさんある。集客のために必要な事をきちんと整理する

ブログを作ったことがある、フェイスブックを運用している、ツイッターはやっているっていう人にありがちな勘違いがあります。
ネットを活用するって言うのは、どれか一つだけ出来れば良い、あるいは逆に、全部が出来れば良いってことじゃないです。

前のお話じゃないですが、たとえばアメブロだったらアメブロを活用すると効果的な人もいれば、そうじゃない人もいるんです。
アメブロを使ったら良い占い師、アメブロを使わない方が良い占い師

こういうことって占い師さんなら絶対に分かるはずなんですが、やることに意味があるからやるんじゃなくて、その人にあったやり方を見極めて鑑定をするのが普通ですよね。

ところが、いざ自分でブログをやるとか、サイトを作るとか、フェイスブックをやるとかってなったら、急に何も考えずにとにかくやってみるってなってしまうことがあります。

これじゃあ、がんばっても効果は見えないし、闇雲すぎて疲れてしまいます。
手をつけることがだめなのではなく、何も考えずに「やった方が良い」っていうわけのわからない風評や周りのアドバイスを鵜呑みにするのがだめってことです。

私がネットコンサルをするときに一番重視しているのは、「ブログが出来る」とか「フェイスブックが出来る」とか、そういうことじゃないです。
そんなのはどうでも良くて、「ネットに何を求めているのか?」、そして、それは「実際にネットという世界と親和性が高い(ネットにマッチしている)か?」です。

ネットでの活動を形から始めると(ブログやフェイスブックなど)、後で苦労する

それによって手法は全く異なりますし、やることも違います。
安易にブログを作れば良いとか、ホームページを持てば良いとか、そういうことじゃないです。

逆に、そこから始めてしまうと、結局、ブログに何を書いて良いのか、ホームページに何を書いて良いのか分からなくて迷走することになります。

何をネットに求めたとしても、そんなにやることが異なるわけではないのですが、基礎となる意識が異なるためにやり方がかわるんですね。
単純に見た目が良ければ良いとか、有料の方が良いとか、毎日更新すれば良いとか、そういうことではありません。

結局、自分がネットに何を求めて、そして「何を提供できるか」、さらに「何が求められているか」というところまで整理して、初めて最初の一歩を踏み出すことが出来ます。
これをやらないと、結局見栄えだけ良くて、労力やお金ばかり出ていく感じになります。

何を使っても「効果的な運用法」っていうのはありますが、その運用も「なんのために」というのがないと、やっていることの効果測定も出来ないです。
我流でいくらがんばっても結果が出ない時は、自分のやっていることが本当に効果のあることなのかどうかを整理するところから始めて見ると良いです。

そうすれば、何を切り捨て、何を残し、どういう風にやっていけば良いかが見えてきます。

タイトルとURLをコピーしました