新しいサイトや他のブログに手を出すのは、今の環境で結果を出してから

とにかく初心者のためのヒント

作業に飽きていたり、不安になるときほど目移りする

今のやり方だと成果が出ない(結果が出ない)と感じ始めたときにありがちなのが、他に何か良いのが無いかと思ってやり始めることです。

たとえばアメブロをやってるけど、全然反応がないから有料ブログを始めて見たり、ホームページを作ってみたりです。

その意味を分かった上で展開するのであれば良いですが、たとえそれでも一時的に作業が分散されます。

特にブログを分けたときは苦労します。

私自身、占いのメインブログを何度か切り分けたり、あるいは逆に戻したりしたことがあります。

今は結果的にこんな形で落ち着いています↓

占いブログのアクセス導線

この形になるのに4年ほど掛かってます

人それぞれ落ち着く形というのはあると思うのですが、これで漸く力が分散しなくなった感じです。

ある程度ブログに慣れてくると、どうしてもこの話はちょっと違うからって感じで、別のブログを作りたくなります。

それをやると、大抵新しく作った方のブログの更新が滞りやすくなります。

私自身、上の図を見ても分かりますが、常時更新しているのはメインブログしかありません。

感想ブログは感想を頂いた時だけですし、物販は商品を用意したときだけです。

言いたいのは、それぐらいブログを複数持つっていうのは難しいって事なんです。

新しいものが出てきたからといって手を出すと挫折しやすくなります

挫折しやすいのは「今、成果が出ていない人」です。

今、結果が出ている人は自分の力量というか、力配分が分かっているためそう簡単に手を出したりしないですし、手を出しても軸があるので戻って来れます。

新しい何かをするのに当たって必要性を認めたときは別だと思いますが、大抵は目の前の作業で手一杯なので手を広げるのはリスクが大きいです。

それと最低限必要なものが用意されていれば、基本的にブログ一つで十分です。

最低限必要なものというのは、情報発信+鑑定やサービスを申し込むページです。

この2つが用意されていて、しかも分かりやすくなっていればそれで十分です。

このやり方のデメリットもあって、更新するブログの記事が増えれば増えるほど、どこに情報があるのか分からなくなります

そういうデメリットがあるのは確かですが、今の時代、新しい情報の方が好まれます。

たとえば、占いの本で同じジャンルの同じ作家だったとして、昨年出た本と今年出た本のどちらを読みたいですか?

もっといえば、3年前の本と今年の本ならどうでしょう。

新しい方を読みたいと思うことが多い気がします。

古い本まで読みたくなるというときは、その人に関心が出てきたときです。

関心が出てくると、人は多少の面倒くささは乗り越えるので、ボリュームがあるブログというのは問題になりません。

だからこそ、新しい何かに関心が惹かれたら、今目の前のブログで成果が出ているかどうかが目安になります

思ったような成果になっていないなら、新しいものにチャレンジするには早すぎます。

新しいのは何となく楽しいのでついつい時間を使いますが、結局やることは同じなんです。

情報を発信して、自分の事に関心を持って貰う。

今やっている事と変わらないということです。

それなら新しいジャンルに手を出すよりも、今やってることを必死にやっていた方が、早く結果が出てくれます。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧