ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

文章が書けないと集客できないか?

とにかく初心者のためのヒント

文章を「書いた方が」集客する手段は増えますが、文章が書けたって集客できるわけじゃ無いので、やり方次第です

思っていることを文章にするのが苦手っていうケースは結構あります。
でも、ネットで集客をするとなるとブログを作らなきゃいけない、ホームページを作らなきゃいけない、となれば心が折れてしまう人だっています。

何かを我慢しなきゃいけないなら、文章を書くことよりも違う方法でも良いと思います。
それはソーシャルを使う方法。

ツイッターとかフェイスブックとかです。
ツイッターやフェイスブックの良いところは文章を書かなくて良いところです。

もちろん、書けた方が良いけれど、極端に言えば1行に写真でもOK

そして、出来れば自分のサービスを一覧にしたページを何とか作る、あるいは業者にそのページだけ依頼して「作って貰う」ようにします。
後は自分のツイッターやフェイスブックにそのページをリンクしておいて、電話なり、LINEなり、メールで問い合わせをいれて貰うようにします。

文章が書けない場合、あるいは書きたくない場合、大きなハンデがあります。
このため活動量も多くなるし、大変です。

ツイッターやフェイスブックを始めても最初はフォローもフォロワーもゼロです。
このため最初は知り合いからフォローしていく感じになると思いますが、すぐに行き詰まります。

ここからが勝負の分かれ目となり、他人をどんどんフォローしていく必要があります

誰をフォローするのかは、最初の段階である程度想定し、自分なりの経験を積んでいく必要があります。
ただ、ここで心が折れやすいです。

知らない人をフォローしていくなんて容易じゃ無いからです。
実はツイッターでもブログでも「集客」という意味では似たような作業をします。

それは「訪問する人にとって興味を惹く」というところがポイントになります。
占いのジャンルならありがちな毎日の占いっていう感じです。

そうやって毎日毎日今日の占いを載せつつ、「この人に占って貰いたい」っていう想いを引き出すような情報発信が必要になります

ただ、ブログと違って文字数に制限があったり、あまりだらだら書いても読まれないのがソーシャルです。
このため「端的にポイントを絞った言葉」をつづる。

正直、書くのが苦手でも書いた方が楽なぐらいです。
ソーシャルはコミュニケーション能力が高い人ほど扱いやすい傾向があります。

文章を書くのが苦手な人ってコミュニケーション能力も微妙なケースが想定されるので、文章を書かなくても良いけれどそれをカバーするだけの発信力が必要ですが、それも大変。

結局、ブログを書いた方が楽だよねって話になります

でも、書くのが苦手な人にとってそれこそ難題で、結局、自分にはネット集客は無理ってなりかねないです。
事実、いろいろと検索をしてみると分かりますが、更新されなくなったブログは腐るほどあります。

その人達ってどうなったんだろうって興味がありますが、追跡が出来るわけじゃないので興味で終わっています。
こういう場合、ノウハウ的な問題よりもフォロー(サポート)をしてくれる人を探して協力して貰うか、業者に依頼した方が効果的です。

大切なポイントは「どうしたら良いかを教えてくれる」ということと「出来ないことをやってくれる」という2点です。
文章が苦手な人に大事なことは「書くポイントも教えてくれ」、しかも、「これをやれば良い」ってやることを絞って貰うことです。

ネットでの集客はそのやり方はいくらでもあるため、ブログを始めれば良いというのはうそです

実際やってみれば、最初は良いけれどそのうちどうしたら良いか分からなくなっていきます。
最初の段階を乗り越えて自分なりのやり方を見つけることが出来れば良いのですが、それが出来なかったとき更新が滞り、いずれ止めていきます。

ネットの集客はリアルで毎日お店を開店するのと同じで、更新や活動が停止すればお店はあるけどシャッターがおりた状態って事になります。
リアルと同じで毎日シャッターを上げることが大切です。

そうすれば、人が入ってくる場所だけは維持できているって事になります。
どうやって関心を持って貰うかは、そこが出来て初めて活きてきます。

タイトルとURLをコピーしました