占い師・カウンセラー・ヒーラー、どんなジャンルが一番稼げる?

どのジャンルの商売でも成り立つ人は成り立ちますし、成り立たない人は何をやっても成り立たないです

占い師やカウンセラー、ヒーラーは、その実力と商売の出来は比例しないです。

比例するのは実力では無く、知名度と商売力(商才)です。

知名度が高いほど商売として売れますし、知名度が無ければ実力がピカイチでもやっていけない可能性があります。

ただ、実は実力もピカイチじゃ無いかもです。

実力があれば、セッションを受けた人が放っておかないからです。

だから、本当は実力も知名度も商売も比例します。

知名度が高い方が商売として成り立ちやすいために、実力よりも知名度と商売を最初に挙げています

私は占いやカウンセリング、ヒーリングで「稼ぐ」っていう考え方はあんまり好きじゃ無いです。

商売としてやるのですから稼ぐ必要はあるのですが、押し売りをするようなジャンルじゃ無いです。

どちらかというとお客様は弱者に当たるため、余計にそう感じます。

このため私は基本的に求められない限り占いはやらないし、物も売らないです。

求められたって売りたくない人には売らないです。

なので、商売人失格です(笑)

人の弱みにつけ込む商売自体が嫌い

占いもカウンセリングもヒーリングもお客さんが来ないのは、基本的に「あなたを知らない」からです。

知らないでも商売が成り立つなら、大手企業がテレビCMを打ち続ける意味はありません。

知名度抜群、だれもが知っているにも関わらず、大手ですら広告を打ち続けています。

それぐらいやって初めて選んで貰える可能性が出てくるということでもあります。

個人や規模の小さい会社なら、この努力は更に必要になります。

口コミでやっていけるほど個人に集客力と人脈があるならば別ですが、私のように人脈が無い人間はその手段をとれません。

そのためにネットをフルで活用しています

知名度を簡単に上げたいなら、広告にお金を使うと早いです。

ブログをやっていると毎年2~3件、共著で本を出しませんか?って話がきます。

ただし、数十万円の自己負担があります。

私は面倒だし、やる必要が無いので全部断ってます。

そのほか雑誌への広告掲載でも良いですし、ネットでの広告掲載でもなんでもOKです。

数百万単位でお金を使えば、それなりに広めることが出来ます。

乱暴な宣伝をやると、いろんな人から問い合わせに来て面倒です

私のやり方は「自分を必要としてくれるお客様に見つけて頂いて、必要に応じてサービスを購入して頂くスタイル」です。

このやり方の良いところは、お申込をしてくださるお客様はすでに私と属性が一致している点です。

要するに「こういう占い師だよね」って分かっているって事です。

すると相談する人の意識のズレも少ないですし、サービスの内容もそれなりに知って貰っているので、後でトラブルにならないです。

物販も同様で、売りたくない人には売らないです。

そうすることによって後で面倒なことを避けています。

たくさんの情報をブログで発信すると共に、良いことだけじゃ無くて私の嫌なところもまとめて発信しているためです

私のように人前に殆ど出ることが無い、会おうと思っても会えない占い師の場合、申し込みまでにものすごく敷居が高いです。

それなのに商売として成り立っているのは、判断材料を沢山提供している点です。

この部分に占いの実力は関係ありません。

しかし、提供するサービスや商品に対する裏付けを発信していないと、結局、人は集まってこないです。

この裏付け部分が実力になります。

話すのが苦手、文章が苦手っていうケースもあると思いますが、実はこれは関係ないです。

読み手は様々で、いろんな人がいます

上手に文章を書く人がいかにも良さそうに見えますが、実際には「なんかうさんくさい」って感じる人だっています。

文字に自然と人柄が出てきます。

大切なことは、出せるものはすべて出していこうっていう姿勢があるかどうかです。

そうすると、自然と選ばれていくようになります。

占い師でもカウンセラーでもヒーラーでも稼げる商売があるわけじゃなくて、稼げる人と稼げない人がいるだけです。

稼げる人は押さえるところをちゃんと押さえているということでもあります。

何をすれば一番稼げるじゃ無くて、何なら出来る?っていう選択の仕方の方が成果は最短で出ます。

タイトルとURLをコピーしました