ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

占い師の名前やブログタイトル、サイトタイトルが意味不明?

お客様に選んで貰えるコツ

タイトルは人に見て貰うことが大前提。自分の好みでつけない

占い師はペンネーム・ハンドルネーム・芸名?とか使いますよね。

私は違いますが、別に占い用の名前で問題無いです。

好きなものをつけて良いですが、読みやすいことが大事です。

更に、名前の前につける冠をどうしてます?

私は「占術家」ってしてます。

ブログ内では占い師っていう言葉を使ってます。

紫微斗数や西洋占星術、四柱推命、手相、タロット、私が使う占術で「占い師」という名称を使わない人も多いです

占星術師やタロティスト、命術師、命理師、手相家とか、それ以外にジャンルは違いますが、シータヒーラーやレイキヒーラーとかあります。

凝ったのになれば、なんとかセラピストとか、マインドブロックバスターとか、なんとかコンサルタントとか、~使いとか、店名とか、アルファベットとか。

ブログ・サイトタイトルも分かりにくいものが多いです。

たぶん、感覚でつけてるんだと思いますが、意味が伝わりにくい(ブログの内容が想像出来ない)ものが多いです。

もちろん、自分自身のブログやサイトですので、どんなのでも良いと言えば良いです。

名称や呼称も何でも良いですのですが・・・

じゃあ、何でも良いのに私は超絶一般的な「占い師」っていうのを使っているのか、また、タイトルは「占術家 内田和男の占い師のためのネット活用法」にしているのかってことです。

理由はいくつかありますが、一つはヤフー検索やグーグル検索対策です。

検索をしてくる人は、ぱっと見でクリックするかどうかを判断します。

ぱっと見で中身が想像出来ないものはスルーされやすくなります。

集客を少しでもしっかりとしたいと思っているのに、自分の好きにブログやサイトタイトルをつけているお陰で、クリック数が減る。

自分の好きな名称を名前の前につけているお陰で、「どんな人なんだろう」と疑問を沸かせる

そういうのは検索のリスクになります。

ブログを商売のために使いたいならば、自分の好きとか好みとか以前の問題として「検索する人、訪問する人は何を求めているのか?」、それに答えられるタイトルや文章になっているのかってことです。

興味関心を引かないと行けないのに、自分の好きにつけてたらうまくいきにくいです。

しかも、タイトルや呼称というのは、検索結果に常に出ます。

意味が分からないタイトルだったらクリックしないと思います。

自分が悩んでいる事にどんぴしゃのタイトルだったら

タイトルだけでなく、中身が想像出来る呼称っていうのも大事です。

「この人は何をする人なんだろう」っていうのをイメージさせてくれるのが呼称だからです。

〇〇〇とつけていても、何も知らない人が見て分からないなら良い感じではありません。

こういうときに大事なのは「何をする人なのか」を呼称にすると分かりやすくなります。

その「何をする人なのか?」っていうのを「説明しなくても分かる」ようにするのが商売です。

知らない人に向けて、情報発信をしていることを常に忘れない

たとえば、マインドブロックバスターの資格などの講習であれば、マインドブロックバスターという表示で良いです。

要は、誰をターゲットにしているかってことです。

講習を受けようとしているのに、マインドブロックバスターって言う言葉も知らないようでは話になりません。

ただし、ここで大事なことがあります。

私はなぜ「占い師」っていう表現を使っているかって事です。

これも検索対策の一つです。

それは「出来るだけ多くの検索対象となり得る言葉を選ぶ」ということだからです

占星術師と占い師ならどちらがたくさん検索されると思います?

検索ボリュームなら占い師は300万強です。

占星術師だと、85万にしかなりません。

一方で検索数ですが、占い師は月に1万回、占星術師は月に200回ほどです。

こういうのは調べるツールがあるのですが、全く違います。

より多くの人を如何にして検索対象に含めていくかを考えているわけです。

細かいところも意識してブログやサイトを調整し、コントロールしていくわけです

商売としてブログやサイトを使うなら、多少かっこわるくても分かりやすい検索されやすい言葉や表現を使う事は必須になります。

ちなみに、私がサポートしている占い師さんのブログもサイトも、タイトルや表現をその都度微調整しています。

如何にして検索結果に出て行くか、クリックされやすい表現を使うかに力を絞っています。

タイトルとURLをコピーしました