(副業・本業)インターネットで占い師として宣伝するコツ⇒時間を掛ける

インターネットで占い師の宣伝、お客さんに来て貰うための宣伝のコツは、今やっている事・やろうとしている事を「長く続ける」です。

願いが叶うとか未来予知とか、あおり文句で人を集める手もありますが、あっという間に消えていきます。

また、口コミ中心の占い師さんは、わざわざこのブログを見なくても集客が出来ていると思います。

名前で集客が難しい知名度の低い私のような占い師の場合は、細かい手法よりも「インターネット上の露出を増やす」「認知度を上げる」の方が大事です。

占いの技術はここでは重要ではありません

知って貰えないと、選んで貰うことも出来ないためです。

どうやって露出を増やして認知度を上げていくかですが、この作業は地道な積み重ねです。

ネットで集客のための宣伝活動は地道な作業の積み重ね

自分(占い)の紹介(宣伝)をしつつ、お客さんに来て貰うために露出(目に付く)を増やすのですが、手法はブログの更新などです。

露出を増やすために、まずは見て貰える場所の更新作業を続ける必要があります。

更新作業となるブログを書いたり書かなかったりではなく、ひたすら何かを書く感じです(ブログ以外でもOK)。

ポイントは「露出」に繋がる作業をやることです。

作業をやった気になっても、結果に繋がらない作業をやっていた(ブログの見た目を調整とか)ケースもあるので要注意です。

しかも、これだけやっても半年や一年では大した反応もないです。

2021年現在この傾向は継続しています。

反応がある人は大きく反応がありますが、そうで無い人の方が多いです。

効率良く集客できる?売上を上げる?

「効率良く集客する」「効率的に売上を上げる」ためにはどうしたら良いかですが、ある一定以上の認知度になると、集客の効率も良くなりますし、売上もあげやすくなります。

効率の良さは認知度と連動しています。

ただし、そこに至るまでは「ものすごく効率が悪く時間が掛かる」というのが実感です。

私自身出来るだけ手間暇を掛けずに集客をしたいと試行錯誤していますが、時間が掛かる傾向にあります。

効率を上げるためには最初の段階で一定の作業量も必要で、「見合っただけの作業量をこなす」が目安になります。(たとえばしっかりとした内容のブログを10投稿とか、毎日探されている情報を投稿するとかです)

作業量を増やすのが無理ならば、お金を使ってでも幅広く集客(ネット広告など)する方法を取ります。(あるいは時間を掛ける選択肢をとる)

お金を掛ける手法は、お金を掛けてすぐに掛けた分の回収が出来るわけでは無いので、正直難しいと思っています。

認知度を高めるための手段は何でもOK

認知度を高めるための手段は、ブログ、ホームページ、各種SNS(ツイッターなど)がネット上にあります。

作業はありますが、必要な行程(申込みに至る行程)に関して手段は何でも良いです。

有料・無料いくらでも手段があります。

手段は何でも良いのですが、継続出来るもの、手を掛けることが出来る手段を選ぶほうが良いです。

手を掛けないで思いつくままにやってると、だんだんむなしくなってきますし、手応えも少ないため心が折れやすくなります。

私が「軌道に乗ったから他のところにも着手するかな」と言えるようになるまでに5年掛かってます。

手応えが出始めるのに3年、他の事が出来るようになってきたのに5年という感じです。

これは私の場合ですが、周りを見ても掛かっている年数はそこまで大きな違いはないです。

3年や5年が長いかどうかは別にして、積み重ねていくと遅かれ早かれ結果が出てくる世界です。

宣伝も集客も時間を掛けて増やした数が重要

ネットの作業は量でやるか、質(内容)でやるか、難しいところですが、双方の手間はそれほど変わりません。(好きな作業じゃ無いと同じぐらい大変です)

ブログの更新、ツイッター等、ネット上の作業はたくさんあります。

毎日更新している人、毎日ツイートしている人と週1の人では違いがあります。

毎日何かを投稿していると、確かに薄い内容になってきます。

しかし、その分「今日は何が更新されているだろうか」と人を集めやすくなっていきます。

質で集客するためには、ネット作業の仕組みを理解して、深く掘り下げて作業をしていく必要があります。

これはこれで大変です。

私は質で勝負しない代わりに、一定以上の作業を行い投稿を続けています。

それで年間数百万円程度ですが、ネットの集客だけ(というかそれしか手段がない)で売り上げています。

でも、作業量が少ない人は月に数千円程度~数万円という人が多いように見えます。(周りに聞いた感じ)

闇雲にやれば良いわけでは無いけど、目標がある場合はそれに見合った作業量をどうやってやっていくかを考える必要があります。

一人の作業になるので心が折れやすい

ネットの作業は結果が目に見えるまで人それぞれ違うのは当たり前ですが、一人で作業することも多いため心が折れやすいです。

作業量も大事ですが、「やめない」ことはもっと大事です。

ネットの作業は不思議なところがあって、今何かをやっても今結果が出るケースは少ないです。

今何かをやると「継続したとして」、早くて1ヶ月、大抵は数ヶ月後に反応がある感じです。

今何かを宣伝してすぐに売れる人は、これまでに繋がりを作ってきた人です。

そうじゃない人は今何かをやっても結果は目に見えません=売れません。

でも、毎日ブログを更新して、読者をこつこつこつこつ増やしていくと、早ければ1年で、遅くとも3年ぐらいで手応えがあります。(反応と手応えは違うので)

毎日更新など頻度が多い方が良いのですが、コツは「止めずにひたすら続けること」です。

宣伝効果はネット上での作業の積み重ねに直結しています。

タイトルとURLをコピーしました