占い師がブログを作るなら集客しやすいジャンルが良い

誰もいないジャンルで目立つのではなく、人が多いところでがんばる方が効率的

ネットで少しでも特色を出すために、変わったタイトルをつけたり、知名度の低い占術を前面に出したりすることがあります。

でも、私はやらないです。

特色を出すのは「知名度」が出てきてからでも十分です。

そうじゃないと見つけて貰えないです。

ネットの世界ではよく言われますが「知らないのは存在しないのと同じ」です。

占いブログでオススメなのは「有名なジャンル」でブログを作ること

たとえば、タロット占いとか、西洋占星術占いとかっていう占いの種類で整理したり、あるいは、悩みで整理したりしても良いです。

私は悩みの方でジャンルに参入しています。

「凶方位に引越しをする」というのがメインキーワードになってます。

気学とか方位学とかそういうのを知っている人と、方位に吉凶がある?ということを知っている人の総数は圧倒的に「方位に吉凶がある?」の方が多いと予測したためです。

キーワードが具体的になればなるほど関連する人は少なくなり、ぼやければぼやけるほど人は増えます。

恋愛で悩むっていうのでも良いわけです。

恋愛で悩んでいる人に情報を提供するなら、占いのジャンルに限る必要もないぐらいです。

「私は占い師だから」と感じる人は少しズレている可能性

我々の商売は求められるから提供できるのであって、押しつけたって買って貰えません。

求められるためには、その求めに答える必要があります。

お客さんはこっちの都合なんてどうでも良くて、自分の悩みが全てです。

当たり前の事なんだけど、提供する側になると分からなくなりやすいです。

だからこそ、ブログで特色を出そうとするのじゃなくて、平凡で良いからターゲットを明確にすることです。

恋愛に悩んでいる人がターゲットなのか、仕事なのか、人間関係なのか、子どもなのか、それとも私のように引っ越しに伴う運気なのかです。

競合するブログが多くなればなるほどラッキー

だって、それだけ需要があるってことですから。

占い師でたまにありますが、競合は少ない方が良いって思っているケースです。

これは逆です。

占い師はたくさんいれば居るほど良くて、競合も居れば居るほど良いです。

占いだけに限りませんが、人は有名だから鑑定をして貰おうっていう人だけじゃ無いですし、一カ所しか鑑定を受けないっていうわけでもありません。

選択肢が増えれば増えるほど迷うわけですが、だからこそ、そこに誠実さやインスピレーションが出てきます。

一生懸命やってれば、それに反応してくれる人も出てくるということです。

競合が多ければそれだけ対象となるお客さんも多いので、結果的に成果が出やすくなるわけです。

誰も知らないようなニッチな特色ではなく、誰もが知っていて需要があるところを大事にしたほうが良いです。

これが分かっていないと、自分勝手の独りよがりになりやすいです。

それで人が来ないってなってもしょうが無いです。

大事な事は「人がたくさんいるところ」で目立つようにしていくことです。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧