占い師がTikTokやYouTubeを使うの良いけど、一つに絞るところから始めるほうが効率的

とにかく初心者のためのヒント

気がついたら11月から更新してませんでしたm(__)m

下手をすると占いのブログの更新も滞るほどです。

過去に更新した投稿があるので、すぐにどうこうなることはないので、そういう意味ではある程度ネット上で蓄積があると楽です。

急激に伸びたりしないけど、急減することも「あまり」ないので、そういう意味ではっていう感じです。

今、ネット上の様々なメディア(ブログやYouTubeなど)を占い師さんが使っています。

一つに絞っている占い師さんもいれば、複数のメディアを使っている占い師さんもいます。

スクールとかをやっている占い師さんの場合は、YouTubeが多い印象です。

映像で見せるプレゼンテーションは、印象づけとして効果的です。

占い師の書くブログは、その点「よみもの」になりやすいです。

じゃあ、YouTubeやTikTokを取り入れた方が良いかどうかです。

私はブログの拡散に使うならツイッターが良いですっていう話をしていますが、これはツイッターも「文字」で伝えることが多いからです。

文字のブログと文字のツイッターは親和性が高いです。

YouTubeとTikTokは映像なので、これはこれで仲良しです。

だから、文字のブログをプレゼンのような感じにしてYouTubeやTikTokにするのも、手法としてはありですし効果的です。

使っているうちに自分にとって楽な方が見えてくると思います。

ただ、どれが良いのか分からない状態の時は、1年ぐらいは一つに絞った方が良いだろうと思います。

ブログから始めたときはブログを1年ぐらい、ブログの映像版はYouTubeかなって思うので、YouTubeから始めたときはYouTubeを1年ぐらいが良いです。

ネットで占い師として展開するときに必要なのは「占い師としてのコンテンツ(内容)」です。

どんなメディアを使っているかは大して重要ではありません。

メディアは何でも良いですが、ご自身が伝えたいと思っている「占いの内容」を積み重ねたコンテンツがないと、訪問者も何を目安に依頼したら良いか分からないです。

これはネットであろうとリアルであろうと、自分を紹介する場には必要な情報になります。

路上(店舗)占いとネット占いの決定的な違いは、情報の発信力です。

路上占い単体では情報の発信力は弱いです。

でも、路上占いにも利点がありますし、もちろんネット占いにも利点があります。

どちらも利用出来るのが一番良いでしょうが、私の様にネット集客100%の占い師の場合はそうも言ってられません。

そこでネット上で路上占いと同じように「自分の場所」を作るというのが、「コンテンツ」であり、「コンテンツ」とはブログの内容だったりYouTubeの内容だったりです。

そして「コンテンツ」に厚みを出すには時間が掛かるので、今取りかかってる情報発信のメディアを使い続けて情報をネット上に載せ続けた方が良い、という話になります。

どんなメディアを使うかは「コンテンツ」あれば、それを変えていけば良いだけです。

でも、「コンテンツ」がないと、どんなメディアを使ったとしても、1からスタートする事になります。

これにいち早く気がついて欲しいです。

自分を知って貰うためには、「自分を知って貰うための情報」がネット上に必要となります。

どんなメディアを使えば効率が良いだろうかと考える事もあると思いますが、効率が良いのはコツコツ情報を発信し続けることです。

ある程度積み重なれば、後はその積み重ねた情報の形を変えていけば良いだけです。

タイトルとURLをコピーしました