占い師がネットでフォロワー数、読者数を増やす意味は何?

こういうことを書くと露骨なんですが、「見栄え」のためにフォロワー数や読者数を増やそうとしている人がいます。

ツールを使ったり、フォロワーを買ったりします。

フォロワー数が多いと「すごい!」と思う人も出てきます。

その結果、この人なら大丈夫と思う人も出てきます。

こういう手法の善し悪しは別にして、手法があるということを知っておくのも大事です。

今回お話したいのは、これが良いとか悪いとかじゃないってこと

自分に箔をつけたい場合、こういう方法もあるって事です。

占い師としてお客様を惹きつける要素には確かになります。

だから、それを否定するつもりはないのですが、あくまで「箔」なので、こればっかりに力を入れてもダメですよっていうお話です。

実は、手作業というか、自分の基準でフォロワーを増やしたり読者を増やしたりすると大きなメリットがあります。

それは「やり方の経験を積むことが出来る」ことにあります。

ブログの読者の増やし方だって、闇雲にやれば良いわけじゃないです

読者増、フォロワー増が目的でも自分が欲しいターゲットってあります。

こういう人をお客さんに迎えたいから、こちらから読者登録をして自分の存在を認識して貰うわけです。

でも、大抵はそんなにうまく行かないです。

だから試行錯誤するわけです。

ツイッターでもフェイスブックでも同じです。

そうやって試行錯誤しながらフォロワーや読者が増えていって1年かけて1000人になるのと、何でも良いから、が~って集めて2週間で1000人になるのとでは、1年後の売り上げが全く違うんです。

一つずつ検証しながら積み重ねて1000人になるのは大変

考えながら作業をしていくのは大変ですが、その分、自分のスキルも上がっていますし、そもそも相手に対して愛着があります。

だから、売り上げにも繋がるし、リピート率が高いです。

ところが、ただ数が増えているだけっていうのは、そこに全く感情がありません。

だから、結局、箔だけでお客さんを集めるわけだから、ものすごくリピート率が悪い。

しかも自分にノウハウがないから、たとえばブログが使えなくなったり、ツイッターが使えなくなったりしたら即アウトです。

こういうのは本当はものすごくリスキーです。

時間は掛かったとしても、こつこつ作業を積み上げていく方が結果的に利益になりやすいです。

フォロワーを買うぐらいなら、ツイッターで宣伝広告を出した方がまだ良い経験になります。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧