占いの鑑定内容や鑑定方法をネットに載せるときの注意点

知り合いの占い師さんでもそうですが、自分の鑑定方法や考え方をネットに載せてぱくられたら嫌だから載せないっていう人がいます。

これ勘違いです。

ぱくられる程度のものなら、ネット上のどこにでも落ちてます(笑)。

そして、ぱくる価値があると判断出来るだけの力量の人なら、今の段階では後れをとっていることになります。

そういう情報を見つけるだけのアンテナを張ってるんですから。

今の時代、占いを商売にするなら情報を発信しない方がデメリットが多いです。

いつかは本を書くから、本には書けるけど、ブログには書けないっていうのは時代遅れです。

本に書こうがブログに書こうがぱくられるものはぱくられます。

大事な事はそこじゃ無くて、鑑定について載せるということは「選んで貰う理由の提供をしている」ということです。

いわゆる、どっちに向いて仕事をしてる?って話なのですが、別に鑑定のキモとか大切な部分をブログに書いた方が良いって言ってるのではありません。

そんなのはどうでも良くて、「この人はどんな人」っていうのが分かれば何でも良いんです。

そして、占い師なら占いの事に関してひたすら情報発信をすることで、初めて選んで貰えるようになります。

どんな鑑定をしていて、どんなお客さんがいるのか、どんな悩みが相談出来て、相談した後はどうなるのか。

ブログの訪問者が関心があることは、そんなに大したことでは無く、自分にとって力になってくれるかどうかだけです。

よく鑑定の感想を載せている人もいますが、私もやっています。

私の場合はこんな感じで全く別のブログにしてます↓
【口コミ・評判・感想】占術家 内田和男の鑑定についてお客様に実際に書いて頂きました

タイトルなんてそのまんまです(笑)

2012年から始めて2019年4月現在で214件の感想を頂いてます。

8年続けてきていて、少しずつ集めてきました。

結構、参考にされている人も多いです。

私が感想を別にしているのは、ブログと同じにしてしまうと他の投稿の中に埋もれてしまうからです。

勿体ないですよね。

私の場合は感想の依頼をお客様にして「載せますよ」って話をしてます。

そうじゃなくて、頂いた感想をそのまま載せる人もいます。

もちろん、その時には匿名扱いで出す感じです。

仕事としてブログを更新する場合は、「訪問者が欲しい情報を提供する」というのが基本です。

それが検索だろうと、直接訪問してくるのだろうとです。

鑑定方法についても、難しいことを並べて言った気になるぐらいなら止めた方が良いです。

素人さんが求めている情報に対して、誰が聞いても分かるような感じで書いてあげる。

占い師なんて別にタダの人なんですから、上から目線で話をする必要もないですし。

話が伝わらなかったら、それこそ意味が無い(笑)。

分かりやすく完結に自分のやり方や方針、鑑定を受けられた人の感想や状況を解説していくブログを書いていくだけで、だんだんと選ばれるようになっていきます。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧