ブログを更新した、ツイッター・FBを更新した、その後何をして良いか分からない時

とにかく初心者のためのヒント

占い師やその他の業種に関わらず、また、商売か趣味かということにも関わらず、ネットで何かを求めていく場合、やることは共通します。

このやる事とはブログを更新しまくることではないです。

ブログは一日一回更新したら、それ以上やる必要は無いです

書きたいことがあふれているなら別ですが、毎日書くことを大事にして、書きためておくのでも十分です。

じゃあ、それ以外に何をするのかってことです。

自己満足でブログを更新して、誰が見ていようと関係ありませんという人以外に共通することは、「書いた物に人を集める」作業です。

商売のためにブログを書くならば、ブログに限らず必要な事として「如何にして人を集めるか」です。

占いは副業的な感じでやっている人が多いと思いますが、自分のサービスを「売りたい」と思ってネットを使っているときは必要な話です。

ブログを更新すること自体が目的にならない方が良い

ブログを書く目的は「如何にして人を集めるか」です。(最終的には商品を買って頂くが目標ですが、とりあえずの目標は集客になります。もちろん、読んで欲しいことが目的の場合も、読んで貰うために集まって欲しいのです)

人を集めるには「集める場所」が必要になります。

それがブログだったりホームページだったりするわけです。

ブログを更新することは「自分のブログに訪問する価値を提供する」ことと同じです。

これに関連するためにブログを更新するは大事とお伝えしています。

次に必要なのは「多くの人に見て貰う」にはどうしたら良いか

そこで出てくるのが、アメブロの場合はほかのブログ訪問などですし、ブログ以外ならばツイッターやフェイスブックなどのSNSの活用ということになります。

多いケースは、ツイッターやフェイスブックをブログと連動させて「更新通知」として活用しているパターンです。

次に多いのは、フェイスブックにあれこれ書いていたり、ツイッターに書いていたりするパターンです。

ネット業をやっていると重視するポイントは「アクセスを導く導線の育成」です。

誘導するというと言葉が悪いですが、自分の見て貰いたい物は一つに集中させて、常にそこに行けばみたい物が見れるというのが結果的には訪問者のメリットにも繋がります。(参考:「占い師がネットで一番簡単に売り上げをあげるコツ」

だからこそSNSを更新通知だけ、自分語り中心で使うのは勿体ないです。

ツイッターを見てブログを訪問してくれる人は、余程関心を持ってくれている人です。

フォロー・フォロワーの繋がりだけでは訪問してきてくれませんし、こちらが望んだアクション(ブログを読む・依頼してくれる)にも繋がらないです。

こういったことを避けるためにも、SNSは更新通知以外の活用をします。

ブログを更新したら、アメブロ内でも良いですし、ツイッターでもフェイスブックでも良いので、ほかの人との関わりを作っていく

ブログを見てくれるのも人間、サービスを購入してくれるのも人間です。

ずっと前から「ネットでも相手の姿が見えない人からは購入しない傾向にある」ことです。

すごく安いとか手に入らないとか以外では、相手に対する共感が必要な状態になってきているので、物を売る売らないに関わらず、画面の先にいる人とどこまでお付き合いが出来るかというのが、最終的な売り上げに直結する感じになります。

今はネットを運営するのも実店舗を運営するのと何の違いも無くなってきています。

だからこそ、ブログを更新した後は、せっせと集客のために周りの人とコミュニケーションを取っていくことが大切になります。

ツイッターもフェイスブックもゼロから始めるのは骨がおれます

しかし、こつこつと継続していけば、だんだん人との繋がりが出てくるのもこういったSNSですので、やる価値は十分にあります。

そうやってブログを更新して、ツイッターやフェイスブックで人との繋がりを広げていくと、ほうっておいても勝手に物が売れるようになります。

要は、そういうことを理解して作業をするかどうか、一つずつ手順を踏んでいけるかどうかがポイントになる、そんな感じです。

同じSNSの活用でも、何も考えなくてやる方法もあります。

どちらが良いかは好みですが、ツイッターのアカウントを2つ作って、一つは情報発信用に、もう一つは拡散用に作るのも良いです

拡散用のツイッターの活用法は有料になりますが、「(24時間以内返金申請可)ツイッターでリツイート・フォロワーを増やすなら、この作業を続けるだけ」にまとめてあります。

タイトルとURLをコピーしました