ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ブログを使って本気で集客するなら、読んでいる人を想像すること

とにかく初心者のためのヒント

自分がブログの読み手だったらどんな内容が見たいかが基準になる

このお話はシリーズ化して書いているお話ですが、とにかく最初はここから始めると良いよ、ということでこんなの書いてます↓
ブログをどこから手を付けて良いか分からない時はここから
要するに自己紹介ブログを作ったら良いというお話ですが、どんなブログも行き着くところは「自分を知って貰う」というところにたどり着きます。
私自身、占いのメインブログでは常に占いについて情報発信をしていますが、それは「この情報を発信しているのは内田ですよ」ということを知って頂くためです。
言ってみれば呼び込みをしているのと同じ。

ブログを更新した数だけ、自分を知って貰うためのきっかけ作りをしているということです。
だからこそ、よく分からないなら自己紹介を意識して更新していくと良いっていう話になります。
ここが意識できたら、次は自己紹介の内容になります。
この時に相手不在で書いてしまうことが多いです。

自分の書いたブログを「誰に」読んでもらいたいかを想像することは、「誰に」自分の商品(サービス)を買って貰いたいか、ということでもあります。
ここが抜けると実は全部ダメになるほどの屋台骨の部分です。
相手もいないのに鑑定なんて出来ないですし、セッションなんて出来ないです。
ところが、なぜかブログを書くときにはついつい書きたいことを書いてしまう。
もちろん、書きたいことを書く事が基本なのですが、「それを読みたい」という人を具体的に想像出来ているかどうかです。

これってネット通販とかでも同じ

商品を紹介するんじゃなくて、受け取って貰いたい人を紹介する感じです。
矛盾してますが(笑)、私自身いつも自分の紹介をしながらも「見ている人を紹介」しています。
すると、不思議と必要とされる方に繋がります。
こういうのは考えて、想像して、どうして欲しいんだろう、どうなりたいんだろうっていうところまで繋げていかないとなかなか出てこないです。
でも、これを意識するしない別にして、こういうことが書けている人のブログは魅力的ですし、サービスを買う人も多いです。

自分寄りの話なのか、相手寄りの話なのか、立ち位置が違うだけなんですが、結果は全然違ってきます。
「相手を想像して書く」というのは難しそうですが、でも、占いの世界の人ならそうでもないです。
理由は簡単で「相談される内容をブログで取り上げれば良い」からです。
相談の内容は、まさに画面の向こう側の人そのもの。
だから、その内容を「この相談に応えるなら、私はこういう風にします」という風に書いていくだけです。
タイトルとか、画像とか、小技はいろいろあるけれど、そんなのは優先事項ではないです。

大切なのは、「私ならこうです」ということをちゃんと書く事。
そんな内容の記事が100も集まれば、自然とアクセスが増えてきます。
ブログをどこから始めて良いかよく分からないときの第二ステップは「相手を想像する」です。
慣れていないと大変だけど、本気でやるなら必要な事です。

タイトルとURLをコピーしました