ブログアクセスはあるけど売れない理由

とにかく初心者のためのヒント

アクセスがそれなりにあるのに売れない時の解決法は簡単かめちゃ難しい

ブログを毎日更新して、アクセスもそれなりにあるのに「売れない~」「申込みがない~」ってことありますか?

とにかくブログ更新をがんばろう~!と頑張っている人に「あるのかも」しれない話です。

アクセスがそれなりにあるなら、ブログの記事とタイトルが人を集める内容になっているはずです。

人を集める内容は適当に書いて出来るモノでは無いので、それなりに人があつまっているなら、目的をもってブログを書いているはずです。

目的を持っているなら、やり方を間違っていなければ、ちゃんと買って貰えます。

ネット集客で一番大変なのは人を集めること、ここがクリア出来ているなら修正は楽

ただし、ものすごく難しくなるケースがあり、それが「ブログ訪問者がこちらの望んでいる客層と一致しているかどうか」です。

ブログを作るときに、客層に合わせて内容やタイトル作りを考えます。

作ってから考えても良いですが、最初に設計をしてやった方が効率的です。

何も考えずにやってしまうと内容やタイトルが定まりませんし、人を集めることも出来ません。

人がそれなりに集まっていて、集まっている客層がそれなりに一致している場合は、申込みフォームを適切な場所に設置してやるだけで、ちゃんと売れます

購入する場所が分かりにくいから売れていないっていうだけだからです。

作り手の「分かるだろう」が、訪問者には分からない事だらけ

常に同じ位置に同じ形で「ここにこれがあるよ」って伝え続けているかどうかです。

この程度の修正でも形が整っている場合はちゃんと買って貰えますし、成果も上がります。

厄介なのは、ブログに一貫性が無い状態で、たまたまアクセスが集まってしまった場合です。

ありがちなのは時事情報を載せている場合です。

その時の話題をブログのタイトルや内容にしているケースに多いです。

これだと集まってきている人の客層はばらばらの上に、見込み客にもならないことが多いです。

これは修正が大変です

人を集めるという点ではセンスがありますが、自分の求めている客層を集めるという点では厳しい状態です。

こういう場合は、とにかく自分の求める客層に向けて情報発信をする方向で修正する必要があります。

そうじゃないと、いくらアクセスが増えても「売れません」っていう話になります。

客層が違えば、売れないのは当たり前で、ここに気がつけないと、がんばりが報われないです。

記事を更新するだけの根気があり、アクセスという意味での結果もでているぐらいですから、コツが分かれば変わってきます。

成果が出るまであと一歩、踏ん張りどころです。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧