ネットで何かを売ろうとするときは、明確なメリットか関係性のどちらかが必要

とにかく初心者のためのヒント

リアル店舗とネット販売の大きな違いは信頼と比較

リアル店舗は自然と信頼を得ています。

実際に見ることが出来るからです。

ネット販売はリアル店舗を持っていない場合、リアル店舗があるほどには信頼がありません。

だからこそ、ネットから買って貰うためには信頼を作るところから始めます。

ここを考えないで作業をしても、なかなか売上に繋がらないです。

リアル店舗を持つ手間も、ネットで成果を上げる事も、労力的には同じだと思っています。

どちらも大変です。

ネットの方がリアル店舗よりもお金を掛けなくて済む

ネットは始めやすいので、雨後の竹の子のようにたくさんブログが作られてます。

作るのが簡単っていうのは便利だと思います。

ポイントはここからです。

作るのは簡単だけど、どうやって物やサービスを売るかです。

ネットで売るときに、購入者にものすごいメリットがある場合、ブログを更新しているだけで求める人に届きます。

これはネットの特徴の一つで、検索欲求の高いものほど人は探し続けるからです。

めっちゃきついのは、似たようなサービスや物を売るとき

似たような商品やサービスを売る時は、大抵が価格競争になります。

家電製品とかは顕著で分かりやすいです。

同じ品質なら安いところから買いたい人が多いです。

品質を比べることが難しい占いでも、「当たる」という品質を基準にして出来るだけ安くっていう人は山ほどいます。

でも「当たる」基準は曖昧なので、探している人は比較しながら探していることになります。

自然と「知っている人から買う」ことが増える

知っている人が「この占い師良いよ」と言えば、とあえず試してみるみたいな感じです。

そういうのが無い場合は買って貰えるチャンスはどこにあるかですが、それが「時間を掛けて関係性を作って行く」ことです。

無名の人は、これがネットでやる作業になります。

この商品、このサービスの良いところを知って貰うための情報発信です。

めちゃ手間ですが、逆の立場なら普通に気がつきます。

知らない人から物もサービスも買わない

今はそういう時代って事を分かった上で作業をするのと、闇雲に作業をするのとでは世界が違います。

売れないんじゃ無くて、売る手間を省いているかも知れないところに気がつけたら、やっている作業にも変化が出てくるってもんです。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧