きれいなサイト・ブログを作っても、売れないものは売れない

物が売れるのはサイトの見た目でなく、欲しいものだから

売れる人と売れない人ではっきりしていることがあります。

売りたいもの、売りたいサービスが良いか悪いか以前の問題として「売れない理由」があることです。(「売れる理由もある」ということになります)

ネットで何かを買うのは、昔と比べて気楽に出来るようになっています。

そういう意味ではネット業をやっている私にとっては楽になってきています。

伝えたいことをうまく伝えることが出来ると、欲しいという人に繋がりやすくなったからです。

ネットで買うこと自体が難しかった時代

架空の空間でリアルの活動をすること自体が、信用出来なかったため、ネットで物やサービスを購入するのは難しかった時代があります。(今でも一部残っています)

その部分が緩和されただけでも楽ですが、売れない人は全然売れない時代にもなってきています。

ネットでの集客は伝えたいことを伝えないと、サービスも商品もなかなか売れません。

類似商品はたくさんあり、占い師もたくさんいるので、わざわざそこから買う理由がないからです。

「これでは売れない」と感じる時は、「買う理由がない時」です。
商品やサービスの善し悪しはこの段階では重要では無いです。金額もしかりです。

「買う理由」とは、手に入れることで実感出来る何かがありそうと「想像出来る」こと

実際には「手に入れた後の自分の姿が想像出来る」感じです。

売れないと感じる人でサイトの見栄えなどには力を入れてしまうと、肝心の中身がよく分からない感じになることがあります。

確かに商品の紹介もしているし、購入リンクもあります。

しかし、それは「買う理由」ではなく、必要最低限の情報でしかありません。

買う理由として欲しいのは、商品の紹介ではなく「それを買ったらどうなるかがイメージ出来るヒント」です。

私が自分の占いのメインブログで伝えようとしているのは、「如何にして凶方位の影響を避けていきつつ、幸せな生活を手に入れるか」です。

占いを受ければ「凶方位の影響を避けられるかも知れない」「打開策があるかも知れない」と予感が出来るから、「思い切って鑑定を受けてみよう!」という流れになる

自分の想いと伝えたいことを整理した上で、「買った後の事も想像できるようにする形」がサイトやブログに求められます。

これが出来ないと、いくらがんばっても売れにくい時代になっています。

見栄えにお金を掛けるなら、その後です。

タイトルとURLをコピーしました