初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。

占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ

とにかく初心者のためのヒント

占いの売り上げるために選んで貰う理由が必要

投稿日:



占いを申し込む理由がないので依頼が無い

占い師さんのブログやホームページをサポートする時に、一番気になるのは「なんでこの人の占いを受ける必要があるのかが分かりにくい」ことです。
インターネットがこれだけ普及すると、ネット上で様々な占い師さんが比較されるようになります。
私のところに相談される場合も、ネットで一通り探した後「良さそうだから」という感じで申込みをされます。

金額はもちろんのこと、安心出来そうか、信頼出来そうか、当たる占いなのかどうかなど、比較されるポイントはたくさんあります。
最終的には思い切って申し込んでみるしか無いのですが、申込みまでの間、比較をされ続けます。
ネット上で比較されるそれだけ競争が激しい世界では「この人を選ぶ理由」が必要になります。

何となくで申し込むケースは、無料占いを探している人ならいるかもしれないです。
いえ、無料占いですら、無料占いを望んでいる人は必死に無料の中で当たる占いを探している感じがします。
ネットは自分との対話になるため、何となく申し込むという人はまずいません。(探しすぎて疲れて申し込むという人はいますけど)

悩んでネット上をさまよう感じです。



ネットで占いを受けようと思う人は迷わない

最初からネットで占いを受けようと思って占い師を探しているケースは、すでに何か情報を得ています。
それ以外の場合、まずは自分の悩みについてネットで検索をしています。
「彼は私をどういう風に思ってるんだろう」「モノが壊れた不吉」みたいな感じで検索をする人がいます。

「転職したいけど成功できる方法」みたいな感じの事もありますし、「夫とうまくいかない」という感じもあります。
占いとは全然関係無いです。
悩みをネットに打ち込み何かを探していて、しかも何を探しているか自分でも分からない感じです。

ここに情報を提供するのが、ネットで集客をしている占い師さんの役割です
私は情報を提供出来ている人もいると思います。
ポイントは「あなたの悩みはここにポイントがあるから、ここを解決していきましょう」という内容になっているかどうかです。

彼氏は出来ますか?の悩みの本質に応える

彼氏が出来るかどうかを占ってほしいわけじゃなく、「私はどうすれば彼氏が出来るの?このままで良いの?何かしないといけないの?」ということを占って欲しいわけです。
表現は似ていますし、同じ事でしょ?って思いがちなのですが、ネットの場合はここでもう一歩踏み込む形になります。
ネット検索でさまよう人はいろいろな情報を目にします。

「彼氏は出来る」という情報から「彼氏は無理」という情報までたくさん出てきます。
たくさん出てきて更に迷って「自分はどうしたら良いのだろう」となっていきます。
この時に「この人に相談をしたら、自分が悩んでいる事を理解してくれ、解決策も教えてくれるのではないだろうか」と思って貰えるかどうかです。

そのために必要な事は、その人の悩みをブログ上で解決することです。
こうすれば良いよとか、こういうやり方があるよという感じで解決法を提案していきます。

悩みに応えているのに人が来ない理由

多くの場合、内容は良いけれどタイトルがよく分からない感じになっています。
タイトルが内容を正確に反映していないので、検索ではたどり着けないことが多いです。
また、ブログに書いてあると言っても、他のこともいろいろと書いてあって見つけにくいというのもあります。

せっかく良いことを書いてあっても、それが読み手に伝わらない場合や読み手が見つけられない場合、それは無いのと同じです。
ブログはせっせと書いているのだけど、なかなか思ったような感じにならないときは「分かりにくい可能性がある」と疑ってみることです。
知り合いに読んで貰うと効果的ですが、まずは何も知らない人が「タイトル」を見た時に内容を想像出来るかどうかです。

タイトルと内容を読んで伝えたいことが明確ならOK

知り合いじゃ無く、全くしらない人に読んで貰うと、なお効果的です。
※ココナラのリクエストボードで「この記事を読んで問題点を教えてください」みたいな感じでお金を払ってチェックして貰う手もあります
普通は、全く知らない人がブログにたどり着いて読むからです。

この時に「そうだよね、なんかがんばれるかも」と思えるような感じだと選んで貰えます。
申し込む理由は「この人なら何かを与えてくれるかも」と感じられるかどうかです。

脅して引っ張り込むやり方もある

怖いことを書いて「不幸になるから鑑定を受けた方が良い」というやり方もあります。
でも、そういうのは後が怖い気がします。
怖さで呼び込むよりも、じっくり考えて「やっぱり申し込んでみよう!」となる方がトラブルが起きにくいです。

そのためには読者が悩んでいることに合わせてブログを書き、内容がきちんと伝わるタイトルを書く事になります。
そして、文末にはちゃんと「キャッシュポイント」を設置します。
参考:「占い師が「これを忘れたら終わり」というブログ・ホームページ制作のキャッシュポイント」

あとはこの積み重ねをするだけで売上げが増えていきます。

新しく取り組むよりも今あるブログを修正した方が早い

今書いているブログの形を整えるだけで、相談者にとって分かりやすい・求められている形に近づけることが出来ます。
「この占い師さんに相談してみたいな~」と思って貰える内容になっているかどうかは、周りの人の協力を得ると理解が早いです。
「分かりにくい」場合は、まずは形を整えることから始めることです。

ブログの内容が分かりやすくなるだけで占いの依頼が増えていきます。

【ここで取りあげた関連するお話】
「占い師が「これを忘れたら終わり」というブログ・ホームページ制作のキャッシュポイント」






電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ



ネット集客トップに移動

-とにかく初心者のためのヒント

Copyright© 占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ , 2018 All Rights Reserved.