「当たる占い師」などのタイトルは避けた方が良い

売り文句があります。

当たる占い師、願いが叶う、結婚成就等々

10年前なら使えた手法ですが、今後、過剰な売り文句はタブーになっていきます。

いろいろな人がいろいろとやりすぎて、タイトルで関心を惹こうと強烈な表現をするようになりました。

「お!なに?」みたいなタイトルを付けるわけです。

今は嘘はもちろんのこと、過剰な表現も嫌われる時代になってきています。

思っている事や感じている事が見える化してきていることから、読み手の心情が分かりやすくなっています(本当の心情かどうかは別にして)。

この結果、ネット上で嫌われやすいモノがあぶり出されています。

といっても、特別な何かがあるわけでなく、日常生活でも嘘は嫌われ、過剰な表現をする人をうさん臭く感じますので、「漸くここまできたな」という感じです。

情報を発信する人が気をつけるのは「集客をしたい」「アクセスを集めたい」としても、過剰な表現は避けた方が良いことです。

過剰な表現の方が人が集まりやすいですし、購入もされやすいです。

「今、申し込まないと損する!」的な感情をどんどんあおっていけば良いです。

占いなら恐怖を高めれば良いです。

そして、訴えられます(笑)。

やっていることが詐欺だからです。

ネット上にも信用・信頼は存在しますが、見えにくいモノでもあります。

長く続けていくなら、少なくとも自分が見て嫌な感じがしないものを作って行く方が、結果的に人を集められますし、精神的にも楽です。

タイトルとURLをコピーしました