ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

集客出来るブログは読んで欲しい人のために書いてあります

とにかく初心者のためのヒント

ブログだけじゃなくてホームページもやっぱり同じ、読んで欲しい人のために作る

今回のお話は私がサポートをする人によくお話しますし、ついつい抜けやすくなるお話です。
それが「ブログを誰に向けて書いているか?」です。

「ブログは短い方が良いって言われたんだけど」って確認をされることがあります。
短くても長くてもどっちでも良いです。

SEO的にどうとかっていうなら、2016年9月現在のトレンドは長ければ長いほど良いです(笑)
ただし、短いからといってヤフーやグーグル検索システムは、これは価値が無いと判断するわけでもありません。

要は求められている情報が載っているかどうかがSEO的基準になっています。
このためブログのお話が長いか短いかはどうでも良いと思ってください。

それ以上に大事な事は「誰に書いているのか?」です

私の占いのメインブログとこのブログでは書いている対象者が違います。
占いのメインブログでは「検索してくる人」を意識して書いています。

そして、私の鑑定を受けられた人に向けて書いています。
もともとネット集客100%ですから、検索がメインになります。

その証拠に全アクセスのうち70%以上が検索から訪問されています。
一方でこのブログは、検索からのアクセスの人では無く、アメブロやツイッターの人に向けて書いています。

占い師のネット集客なんて「占い師にしか需要が無い」です(笑)
このためアメブロやツイッターなどで情報発信をして、そこから来てくれる人がメインになるのも当然です。

一応、検索からのアクセスも多少は意識していますが、基本的に「占い師」にターゲットを絞っています。
メインブログであろうとこのブログであろうと、来た人にとって「目的の情報」が載っていることが理想になります。

そのために余計な情報を載せることはほとんど無いです

これが「集客のために作るブログ構成」ってやつです。
ブログはどんなものを書いても「そのブログを知っている人」には問題はないのですが、初めて来た人にとっては大問題です。

ブログの書き方とか、ブログの長さとか、そういうこと以上に「読んで欲しい人に合った内容になっているかどうか」です。
これを意識していくだけで、かなり内容がまとまっていきますし、結果も出るようになっていきます。

タイトルとURLをコピーしました