ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

集客をするだけじゃダメ、ブログを更新する時に何をして欲しいかを明確にしてます?

とにかく初心者のためのヒント

ブログを更新する時に忘れやすいのが「読者にどういう行動をして欲しいか」ということ

ブログを更新することで必死な人の場合、読んで貰った後どうして欲しいかっていうのが明確で無いことが多いです。
ブログ慣れをしている人としていない人、あるいはアドバイスを貰っている人とそうでない人の場合、ブログを見ればすぐ分かる事があります。

それが、ブログ記事下に何を表示しているかです。
基本的な事なのに、なぜか抜けてしまう、そういう感じ。

一言で言えば、読者に「読んだ後にやって欲しい行動」が明確になっているかどうかです。
このブログの場合、こんな感じになってます↓
image3

重要度の順番に並んでいて宣伝が1番にきて、2番が便利な情報、3番が自分のワークショップです。
このブログは「知って貰う」ということをメインにしているため、記事下は正直無くても良いけれど、せっかくだから入れてあります。

この1番に宣伝を持ってきているパターンをやると、2番、3番にはまず見る人はいません。
でも、入れておけば、見て貰える可能性があるので、まあ見るなら見てねって感じ。

やり方はすごくシンプルだけど、やってない人もたくさんいますし、やりっ放しの人もたくさんいます

ブログを更新するとき、その時に一番求めている事があるはずなんです。
それに合わせて常時微調整することが大切で、記事末に定型文を置けば良いってものでも無いです。

アメブロで定型文を入れている人も多いですが、何でもかんでも詰め込みすぎてわけが分からなくなっているモノも多いです。
本当は「やって欲しい行動」は1つだけの方が良いです。

つまり、一つしか載せないこと。
私はやってないのに矛盾してるじゃんって話なんですが、なれてない人はあれもこれも載せやすいんです。

結果的に2回目以降は見られなくなるってやばくないですか?
載せたいものを載せれば良いのでは無くて、自分がその時一番望んでいる行動をしてもらうために繋がる何かを載せる事がポイントです。

記事末に載せる理由は簡単です

内容を読んだ後にする次の行動は「画面を閉じる」ですよね。
いわゆる離脱ってやつです。

離脱するときに、これもついでだから見て行ってよっていうのが、記事末の役割です。
何もせずに画面を閉じられるより有益ですよね。

だからこそ、ブログを更新する時は、読んで貰うことに加えて、やって貰いたい行動も付け加えておくわけです。
そうすることによってチャンスが大幅に増えます。

知っていれば出来る事ですが、知らないとやりたいようにやるだけなので、こういう所で機会損失を起こしていることに気づくのは大事です。

タイトルとURLをコピーしました