ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

検索順位の上下、アクセス数の上下を気にするとドツボにはまる

とにかく初心者のためのヒント

ブログやホームページのアクセスや検索順位が気にするならモチベーションを上げる作業と並行する方が良いです

集客にはアクセス数や検索順位が大事ってことをどこから聞きつけて、アクセス解析を導入することもあると思います。
規模の小さいホームページやブログの場合、初期にアクセス解析を導入するメリットは殆ど無いです。

理由は「ほとんどアクセスが無いから」です(笑)
有名人ならばまだしも、無名人が「ブログを開設しました!よろしく!」って言ったって誰も見てくれません。

しかも、更新もままならない、不定期、大した内容でも無い(食べたものとかそんなの)ブログとかにアクセスが集まる方がびっくりです。
そういう状況でアクセス解析をいれると、アクセスがあるのかどうかって事ばかり気になって、自分のアクセスばかりがアクセス解析に追加されていきます(笑)。(ちゃんと設定していれば自分のアクセスは計算されません)

じゃあ、どういうときに活用するかというと、モチベーションを上げる作業と並行してやるなら意味が出てきます。
といっても「アクセスを解析する」という意味で意味があると言うより、自分のやる気をアップさせるという意味で意味がある感じです。

ツイッターの説明の中でアメブロと同じっていう話をしましたが(これ)、アメブロの良いところは頑張ったら頑張った分だけ目に見える数値で表してくれます。
アメブロのアクセス解析はイマイチよく分からない仕組みなので、ほとんど自己満足なのですが、それでも増えた減ったという目安になってくれます。

人は目安があると頑張れるのですが、ここにドツボに落ちるポイントがあります

どんなに頑張っていても、検索順位は日々上下しますし、検索に出てこない事も山ほどあります。
アクセス数も作ったばかりの時は上下が激しく、それなりにアクセスがあったと思ったら急に大幅減になったりします。

大幅増はほとんどまぐれ(笑)、そういうのが日常です。
このため、検索順位の上下やアクセス数の上下は本来どうでも良いです。

おまけに自分のブログの認知度が安定するには時間が掛かります。
何をするにしても、ネットの場合、最初は安定しない傾向が強いです。

だからこそ、検索順位とかアクセスとかの「自分でどうにも出来ない事」に意識を向けすぎないことです。

特に、何をどうしてよいか分からない時は大切なポイントになります

誰かがやり方を教えてくれるならそれにポイントを絞った方が良いですし、誰かに教えて貰えない環境なら「今やっている作業をひたすらやる」っていう方が結果が早いです。
最近検証していることでたどり着いている一つの結論があります。

これをこのままやったらどうなるんだろうっていうわくわく感が伴うやり方なのですが、ブログの更新頻度を上げるっていうやり方です。
今、占いのメインブログの更新頻度を猛烈に上げています。

更新通知もしているのですが、うざくなりすぎる気がして遠慮して通知を出してます(笑)
ツイッターやフェイスブックでの通知も抑えました。

更新頻度を上げたのが8月15日からなので20日ほど経過していますが、ページビューだけは増えてます。
ページビューっていうのはチェックされたブログのページの数です。

更新頻度を上げてるのですから当たり前ですよね(笑)

私が一番望んでいるのは、ユーザー数です

いわゆるユニークアクセスってやつです。
今のところ1割ほど増えてはいますが、まだ目立って上昇気流に乗っている感じではありません。

私の場合はアクセス解析を入れてどこをどうしようかな~って考えながらやっていますが、変な話、何も考えずに最初は力業でひたすらブログ更新をしたって良いわけです。
世の中いろんなことを言う人もいそうですが、アクセスの全体数が上がっていることは確かです。

更新頻度の高さが良い感じで結果を出しているので、私がサポートをしている人にも話をしようと思っているところです。
このやり方の大勢が見えてくるのは年末ぐらいだと思います。

それまでこのペースを続けられるかどうかが心配です(笑)

タイトルとURLをコピーしました