初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。

占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ

simフリー・格安sim占い師の電話ネット環境

格安SIMは地方の田舎でも使える?IIJmioとヨドバシカメラワイヤレスゲート、そしてexciteモバイルの格安SIMの使い勝手

更新日:



格安SIMは結構使える。特にデータ通信だけならホントに格安(2016年8月現在)

私は仕事で使うスマホやノートパソコンのテザリングの通信料を下げるために、いわゆる格安SIMを使い始めて1月ちょっと経ちました。(2014年12月のお話です)
最初は猛烈に不安だったのですが、1ヶ月が過ぎてどんな状況なのかチェックしました。

とりあえずネット環境や電話料などの節約についての経緯はこちらにもあれこれ書いています。
占い師のネット環境

格安SIMっていうのはスマホは替えないで中身の通信会社を替える感じです。
ドコモ系格安SIMとAU系格安SIMが現状(2016年8月現在)ではありますが、私が使っているのはドコモ系です。

理由は簡単で、ドコモ系の格安SIMはドコモで買ったスマホに使えて、AU系はAUで買ったスマホに使えるからです。
私はドコモのスマホを当時持っていたのでドコモ系に必然的になりました。

その後、いろいろと面倒なのが嫌なのでいわゆるSIMフリーのスマホとしてiPhoneをアップルから直接購入(iPhoneやiPadのSIMフリー版はアップルでしか買えませんが、ドコモやAUのiPhoneをSIMフリーにすることは可能です)しました。(2016年8月現在はiPhone6sになってますが、以前と同じIIJmioのファミリープランを格安で使ってます)

SIMフリーっていうのは要するにドコモ系でもOK、AU系でもOK、ソフトバンク系でもOKだよってことです。便利です。
実はSIMフリースマホは格安SIMだけで無く、普通にドコモやAU、ソフトバンクの契約でも使えるので尚更便利です。

2016年8月現在ドコモが使える場所ならどんな田舎でも使える

まず一番肝心な格安SIMは地方でも使えるのか?田舎でも使えるのか?ってことですが、今、自分の住んでいる場所でスマホが使えているなら使えます。
なぜか?
理由は簡単で、格安SIMを販売している会社はドコモやAUから回線を借りているので、ドコモやAUと同じように使えるためです。

これをみると分かります↓(クリックで拡大します)
IMG_0210

これは私が使っているiPhoneですが、左上を見ると「docomo」って出てます。
IIJmioの格安SIMを使っていて表示されています。
私はAUのスマホは使っていない(AUのガラケー使ってます)ので分かりませんが、AU系の格安SIMとなるmineoをさせば「AU」って表示されるはずです。

つまり、今、スマホが使えているならば、格安SIMに切り替えてもその場所は使えます。
しかも、感度も同じです(笑)
じゃあ、ものすごくお得じゃん!ってなるかも知れませんが、いくつか壁があります。

1.混雑するような場所だと大都会でも通信速度が遅くなる

実はこれはドコモやAUの普通のスマホを使っていても起こりえます。
私の場合はIIJmioなので、通信速度が遅くなると「3G」という表示に切り替わります(普段はLTE)。

地方も含めてあちこち移動していますが、このことで不便を感じたことはないですが、都会の地下鉄の混雑の中にいると激遅になります。
この時、普通にドコモやAUを契約している人の方が通信速度は格安SIMよりは維持されています。

格安SIMはどこの会社であっても大なり小なり遅くなります。
※2016年8月現在で9月ぐらいに新しくプレミアプランで速度補償をつける動きが出てきています。

2.自分でいろいろと調べられないと敷居が高い

今までにIIJmioを使っていて焦ったのは3回あります。
1回目はSIMカードをスマホに指してもすぐに使えないことに気がついたからです。

これはスマホにIIJmioを使いますよって設定してやらないとだめってことです。
別にIIJmioだけでなく、全ての格安SIMで同様です。

このため自分で(あるいは知り合いが)設定が出来ないと無理です。
ただ、最近はIIJmioも丁寧に説明をしていますので、これを見ながらやれば出来ます。
iPhoneの場合はとにかくAPNを設定出来るかどうか次第です。
実際の作業は簡単で、Wi-Fiの繋がるところでこれの通りにやれば繋がります。
iPhoneは使いやすいので楽なのがありがたいです。

もう1回は突然通信が出来なくなったときです。
これはちゃんとお知らせが出ていましたが、メンテナンス(大抵は夜中)に入ると通信が出来なくなります。
知らなかったら故障かと思って焦ります。

最後の3回目はiPhone6sにしてからなのですが、iOSのアップデートをしたら繋がらなくなって焦りました。
このときはWi-Fi環境で1でお話した内容を整理して、APNをIIJmioから再度ダウンロード・インストールしてクリアしました。

3.ノートパソコンなどを外で使うためにテザリング(Wi-Fi接続)をしたい場合はiPhoneか指定スマホ以外無理

これは結果的に私はアウトだったけどiPhoneを持っていたので救われた系のお話です。
格安SIMを使う場合、スマホによっては「スマホは使えるけどテザリングは無理」っていう場合があります。(IIJmioにかかわらずです)

私が昔使っていたドコモの「SE-01E」はテザリング機能は付いてますが、無理でした。
ドコモの契約なら出来たんです。

ところが、格安SIMでは無理でしたので、非常に焦った記憶が残ってます。
でもiPhoneはOKなんですね(笑)
これで助かりました。

iPhoneやiPadだとテザリング(Wi-Fi接続)でもUSBでもネット接続OKです。
更に言えば、USB接続の方が速いです(笑)
iPhoneやiPadを持っていたら、格安SIMはものすごく便利で節約出来ます。

4.通信不良のときに格安SIMだとドコモやAUに確認がとれない

2016年7月の話なのですが、iPhoneのアップデートをした直後にドコモに繋がらなくなって焦りました。
今までと同じ内容なら上に書いたやり方で対処出来るのですが、今回は無理でした。

IIJmioに問い合わせるという方法もあったのかもしれないのですが、ドコモ回線だからドコモに問い合わせるしか無いのだろうと思い断念。
幸い、家族の携帯がドコモだったので、それを理由に問合せをしてみました。

家族の携帯も何故か接続不良を起こしていたためです。
すると、数日前からうちの近所だけ通信不良を起こしていることが判明しました。

本当に電波が弱くなったなら中継器を貸して貰えたらしいのですが、単純に通信不良を起こしていると言うことで「しばらくお待ちください」でした(笑)
もしかするとIIJmioに問い合わせても分かったことかも知れないのですが、この時は焦りました。

実際に使っているIIJmioや使っていたヨドバシカメラのワイヤレスゲート格安SIMの使い勝手はどうなのか?

最初はヨドバシカメラのオリジナル格安SIMとなるワイヤレスゲート格安SIMをSMSをつけて約1000円で使ってました。
※2016年8月現在、この1000円弱のプランは既に無くなっていて、一番近いプランで1680円/月と言えそうです。

今現在はこれです↓
SD_200000015000087636510B1

ヨドバシには480円プランってあるんですが、スマホを持っていなかった家内のために、今まで使っていたスマホをあげることにしたのがもともとの経緯です。
で、それなりに使えないと困ると思って、920円プラン(現在は1680円相当のプラン)を選択しました。

家内の使用環境はLINEとちょこっとネット検索ぐらいでしたので、本当は480円プランでも良かったのかも知れないのですが、LINE電話も使っていたので920円プランの方が良かったです。
電話を使わないなら480円プラン(通信量が少ない)でも大丈夫。

それとSMSって何?ってことなんですが、これはショートメッセージでAUならCメールとかに該当します。
ドコモやらAUやらソフトバンクでEメールが分からなくても電話番号に直接メッセージを送ることの出来る仕組みです。
SMSをつけていると、LINEの登録などで便利なので私はつけてます。

LINEなどを使う人はつけておいた方が良いですし、ショートメッセージを使っているって言う人もつけておくと楽です。
ヨドバシオリジナルの格安SIMはワイヤレスゲートの有料無線LANスポット(駅構内とか?)も使えるようになります。
「ただし」使わないです(笑)

よく分かっている人ならばまだしも、普段良く使っている自分ですら面倒だったので使ってませんでした。
なので格安SIMの売り文句になってますが、使わないサービスになっちゃってました。
だから、この辺の釣り文句はスルーが一番です。

大切なのはそういうのが無しでも使えるのかどうかってこと。
そうなると、480円プランだと微妙に不安なので920円プランになったわけです。
実際に使えてました。

でも、これでは仕事で使えないわけです。
私は対面鑑定の時に必ずノートパソコンを持って行きます。
最近のノートパソコンは通信機能を付属できる(SIMカード入れることが出来る)機種も出てきていますが、私のは出来ないので必然的にテザリングかWi-Fi接続になります。

これまではWiMAXを使ってましたが、これが旧来プランの場合ネットが繋がりにくくなって役に立たなくなった上に、新しいプランは高上がり(4380円/月(2016年8月))になったので止めました。

家族で使ったり複数台の端末があるならばIIJmioの格安SIMはかなり優秀

私のように複数台スマホなどを所有するケース(あるいは家族でスマホを使う場合などもこれに該当)ではヨドバシカメラやその他の格安SIMって結構面倒です。
1台1台契約しないといけないので、たとえば私の環境なら以下のような感じになります。
当時の金額で比較しましたが・・・

iPhone  920円+150円(SMS)
iPad   920円(SMSはいらない)
Wi-Fiルータ ここが問題!
家内スマホ 920円+150円(SMS)

単純にこれだけで3000円・・・う~やすいのかこれ?
しかもほとんど最低プランです。

家内も外でノートパソコンを使いたいときがあります。
そのため、最初はWi-Fiルータ契約を優先しようとしてました。
Wi-Fiルータ契約っていうのは上でも少し触れましたがWiMAXのことです↓


4380円が1ヶ月に掛かります。
その代わり外でノートパソコンを繋いだり出来ますし、家でも家用のネット回線として使う事が出来ます。

これに加えてiPhone+iPad+家内スマホの3000円が加算され、結果的に8000円弱かかります。
これまでの通信料に加えれば5000円ぐらい安くなるのでそれはそれでアリかな・・・とも思いましたし、検討もしました。
うーん、家の固定電話や有線のネット回線の事を考えたら、4380円というところに魅力が無かったです。

で、いろいろと探していて私のように複数端末を持っている人間にとってお得だなって思ったのが、今使っているIIJmio(あいあいじぇみお)です。
IIJmioの詳細はこちら

IIJmioのプラン一覧はこちらです↓
スクリーンショット 2016-07-03 01.34.48

一番関心を持ったのが「ファミリーシェアプラン」
私はSMS付SIMが2つあるので月額3073円(基本2560円+SMS140円×2+ユニバーサル2円×3)です。
7G(2016年8月現在は10Gになっています)で3073円、しかも、10Gを超えたら速度は遅くなるけれど通信は出来るので、環境的にはWiMAXと同じでしかも1400円ほど安い(笑)
回線はドコモ系なので、ドコモのスマホが使えているところはどこでも使えます。

3073円で通信量10Gって多分、これよりも安くてってところは結構あると思います。
でも、一番の魅力はそこじゃなくて、「SIMカードが1つの契約で3枚持てる(2016年8月現在で最大10枚まで持てます)」ってことです。
これ最高!

どういう事かというとこういうこと↓
iPhone   IIJmio利用
iPad    IIJmio利用
家内スマホ IIJmio利用
ノートパソコン用にWi-Fi接続  iPhoneやiPadでテザリングOK

通信量は3台(最大10台)でシェアできて10Gで金額は合計3073円
ヨドバシの格安SIMの場合はそれぞれ上限無しのプランで合計3360円

実は、金額的には300円程度しか違わないのですが、一番違うのはファミリーシェアって端末をたくさん使う人には、あるいは家族で使うなら非常に使いやすいということです。
これがでかい!

通常の格安SIMの場合、1台につき2Gなら2G、5Gなら5Gで、それぞれが共有されません。
このため、たとえば家族で使っていても、子供はたくさん使うので全然足りないのに、親はあまり使わなくて余っている、みたいな状況を引き起こします。

私の場合は、家内はほとんど通信を使わない(LINEやネット閲覧ぐらいだから)けど、私はネットばんばん使いますし、テザリングも対面鑑定の時には使います。
すると、こんな感じになるんです↓

iPhoneとiPadは1ヶ月に5Gぐらい使う
家内スマホは1ヶ月に0.5Gぐらいしか使わない

ファミリーシェアだから、たくさん使う人はたくさん使えて、使わない人でも同じ通信環境で使えるっていう作りになっています。
しかも、仮に家内スマホが何かの理由で急に3Gぐらい使ったとしても、全体の10Gから割り振りされるので追加料金が掛からないんです。

余計な面倒さがなくなったことで、ものすごく快適な上に、結局、8000円ぐらいかかりそうだった月の通信料が結局3073円になりました(笑)
しかも、3台で使い回してこの金額です。

一人でスマホなどを複数台持っていたり、家族で通信料を下げたい場合には強い味方っています。
他のサービスが出てきたらまた考えますが、当面はこれで十分です。
便利だもん。

このお話を書いた当時は2015年2月13日だったのですが、2016年の春以降IIJmioと似たようなサービスがちょこちょこ出てきています。
一番近いのがexciteモバイルです↓


金額もIIJmioと似ていてこんな感じです↓

IIJmio(ファミリーシェア(SIM3枚) exciteモバイル(定額SIM3枚)
複数SIMデータ+SMS 2560円+オプション140円(SMS)×3+税 820円×3=2460円+オプション140円(SMS)+税
データ量 10GB 9GB
余ったら翌月繰り越し OK OK
追加のSIM上限 最大10枚 最大5枚
追加SIM1枚の料金 400円 390円

見ての通りなのですが、非常に似てますというか、exciteモバイルがIIJmioを意識してるんじゃ無い?ぐらいの金額です。
私は既にIIJmioと契約していると言うことと、将来的にSIMの数が増える可能性も考慮しているため、最大5枚のexciteモバイルよりも最大10枚のIIJmioの方が魅力的です。
これがまだ契約をしていなかったら、結構悩んだと思います。

ほんの少しでも安いのはexciteモバイルの方なので。
ただ、9Gより10Gの通信量の方が良いなって言うのもあって、結局はIIJmioを選ぶと思います。
IIJmioを使い始めて2年近く経ちますが、端末を複数(3台以上)使いつつも、あまり使わないならこれが一番安いと思います。

丁度、IIJmio利用者に「お友達ご紹介キャンペーン」のお知らせが来ています。
これ↓(クリックでキャンペーンのページに移動します)
IIJmioのご紹介キャンペーン

私のリンクからIIJmioに登録すると「通信量2ヶ月10%アップクーポン」がプレゼントされます。
IIJmioが良さそうだな、やってみるかなって思った時には是非、登録してみてください。

私のリンクから登録して頂くと私の方には500円分の割引きが適用されて私もうれしいです(笑)
是非、IIJmioが良いなって思ったときは申し込みをお願いしますm(__)m
お申し込みはこちらから出来ます。

最後は宣伝になっちゃいましたが、家族で使ったり、一人でも複数の端末を使う場合にはかなり安くなると思います。






電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ



ネット集客トップに移動

-simフリー・格安sim占い師の電話ネット環境

Copyright© 占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ , 2018 All Rights Reserved.