コミュニケーションが得意ならばツイッター、情報発信が得意ならブログが良い

とにかく初心者のためのヒント

占い師になる(なろうとする)ぐらいの人であれば、コミュニケーション能力はある程度以上あると思います。

これはメール鑑定の占い師だろうと、対面鑑定の占い師だろうと同じです。

ご相談者から悩みの本質を引き出す技量が無かったら、占い師としてはやっていけないです。

そうはいっても占い師がネット集客をするなら「得意なジャンル」からスタートする方が効率が良いです。

最終的に、ネットを利用する目的は「集客」になります。

ネットを利用する場合、集客以外にもいろいろと目的は出てきますが、今回は特に「集客」に絞ります。

私はとにかく「ブログを作ること」とお話をしていますが、ものを書くのが苦手という占い師さんもいます。

ものを書くのが苦手でネット集客は難しいですが、最低限の物書きはやるとしても、得意なところから攻めていく方が効果的です。(ユーチューブで情報発信を動画配信でやる手もあります)

ブログやホームページとツイッターやフェイスブックなどは基本的に持っている役割が違うことを理解出来れば、あなたに何が合っているのかを見極めやすくなります。

たとえばツイッターですと、私のアカウントはこれになります↓
https://twitter.com/kunetwork

特に見て頂きたいのは私の「ツイートと返信」の部分です。(2019年5月現在でサボり気味なので、古いツイートを見て貰えると助かります)

何をツイートしているのか、どう言う風にやりとりをしているのか、それだけでなく、どういう人をフォローしているのか、あるいはフォローされているのかです。

ツイッターを持っているだけの人って、まずフォローフォロワーが極端に少ないです。(これも最近はすっかり絞ってしまったので、まさにこんな感じになってます)

もちろん、多ければ良いということじゃないです。

でも、フォローフォロワーが少ないのはツイッターを占いのために活用できていない

たとえば、私のフェイスブックを見て貰えればよく分かると思います。
https://www.facebook.com/pages/Kunetwork/757205274340239

悲しいほど活用できてません(笑)

フェイスブックにはページと個人に分けることが出来ます。

残念ながらフェイスブックの活用はまだ出来てません。

ブログ一つ、ツイッター一つでも大変なのに、手が回らないです。

お伝えしたいのは力を分散するよりも、やれることに力を注ぐことなのですが、それはこのお話のテーマではないです。

ツイッターはダイレクトなコミュニケーションツール

だからこそ、自分からいろいろな人に絡んでいく必要がありますし、そういうことが出来るならば、ツイッターやフェイスブックはとても良いツールになります。

しかも、ツイッターとフェイスブックはそれぞれ利用するユーザー層が若干違います。

このため、自分のターゲットに近い方(若いか年寄りかといった感じ)を選ぶと効果的です。

コミュニケーションは得意なんだよねっていう人は、ツイッターなどの方が圧倒的に便利です。

ただし、ブログやサイトを持たなくて良いということではないです

ツイッターはコミュニケーションツールではあるけれど、あなた自身の「占いについて」教えてくれるものではないです。

それが短文しか送れないツイッターの弱点です。

そのために、アクセス先として、ブログやサイトを作っておくのです。

ただ、ブログ重視の占い師よりは軽い感じで良く、それこそ鑑定一覧や問い合わせ一覧だけでも良いかもしれません。

そのかわり、ツイッターでは広く浅く活動をする必要があります。

一方で、ブログ優先でありがちなのが、ツイッターにブログ更新しか載せていないパターンです。

これはあまり役に立っていません。

有名占い師ならば別ですが、無名占い師ならば「更新したブログ」を元にして、また広がりを持たせていく必要があります。

フォローフォロワーを広げていくことはどちらにせよ重要

見て頂ける人を広げていく、これはいずれにせよ重要なポイントになります。

ツイッターで鑑定などにまで反応が出てくるのは、大体1000フォロワー前後ぐらいです。

相互フォローとかではなく、関心が少しはあることが前提です。

ツイッターについてはまた今度お話をしますが、フォロワー数が多ければ良いなんて言うのはただの幻想です。

ネットでは虚構も一つの意味を持ちますが、我々占い師が求めるのは実質です。

だからこそ、形よりも実を取るためにどうしたら良いかっていうのを常に考えながら活動する必要があります。

ツイッターでもブログでもどちらでも良いですが、まずは得意な方から攻めていくというのも一つの方法です。

どっちがよいかは何となく分かると思いますがどうでしょうか?

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧