ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

占いが売れない理由は買いたいと思えないから

とにかく初心者のためのヒント

ネットで売る物は自分が売れる物。でも、ネットで買いたい物じゃ無いとダメ

ブログやサイトを始めようっていう占い師さんと出会ったとき、最初に考えるのは「ネットで集客することに意味がある人なのかどうか」です。

対面鑑定中心の占い師さんだと、「どういう風にネットで集客するのが良いのかな」、「どういう人が求めるのかな」ってところから考え始めます。

ブログを始めるのは誰にでも出来ます

サイトを作るのだって出来ます。

見た目を良くするのだってお金を掛ければどうとでもなります。

でも、それじゃあ売れないです。

問題は見た目とか内容とか以前のお話で、「そもそもそのサービスや商品をネットを通して買いたいと思う人がどれだけいるの?」ってことを考えているかどうかです。

占いでネットとの相性が高いのは、ネット鑑定です。

ネットの鑑定とは、メール鑑定だったり、チャット鑑定だったり、電話鑑定だったりです。

対面鑑定は、ネットの相性としては弱いです。

ネットを使う人に対して、喜ばれるサービスの提供ができるなら、ネットを使う方が効果的です。

ところが、単純にネットから集客をしたいと思うと難しくなることがあります。

「誰に向けて情報発信しているか」が明確にならないと人が集まらない

この「誰」っていうのが、ネットを使ってあなたのサービスや商品を買ってくれるのに適しているかどうかです。

面倒な話ですが、ここから整理します。

そもそも「ネットで興味を持って貰えるようなジャンルなのかどうか」です。

ここがハッキリすると、「どういう情報を発信したら良いか」は分かりやすくなります。

これは「求められている事を書けばよい」ということになるからです。

「その求められていることが分からないから困ってる」っていう場合もあるかもしれませんが、これも簡単です。

実際に鑑定を依頼される人の悩みに答えれば良いだけ

出会いが無いんですっていう人はたくさんいます。

そういう人に対して、あなたの知識を分けてあげれば良いだけです。

それをブログに書き続ければ良いです。

ポイントはそこから先のことです。

「何を売るのか」です。

対面鑑定しかしていない人なら、地方の人には届きにくいです。

しかし、近隣の人ならば可能性があります。

提供できるサービスの種類だってあります。

電話鑑定とか無理っていう人もいらっしゃいます。

面倒に見えても、この部分を整理した上で、ネットで展開していくのが良いのかどうかっていう判断はやっておいたほうが良いです。

ここをよく考えずにネット集客をやろうと思っても、「思ったのとは何か違う」となりやすいです。

結果的にサービスや商品を買って貰えないことに繋がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました