ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ホームページやブログを作ると集客をすることが出来るようになる?

とにかく初心者のためのヒント

ネットで集客をする時に必要なことは、「ネット検索で需要があるかどうか?」です

ネットで集客出来るかどうか、ブログやホームページを作れば集客が出来るかどうかの目安があります。
それは「その業種はネットで検索される?」というもの。

ネット検索は今も昔も大きく様変わりしておらず、自分の持っている疑問に対して、答えを探す場所になっています。
占い業がネットで成り立っているのは、占いがネットと親和性が高いからです。

何か良い方法は無いか、運を良く出来ないか、結婚できないか、仕事が見つからないか、不運を避けられないかなど、悩みはいくらでもあります。
その悩みについて「何かないか?」とネット検索をする需要があるため、占いをネットで提供することも出来るわけです。

もちろん、ネットで相談をされる人の絶対数はリアルで相談する人よりも少ないです

しかし、人は便利な方を選ぶ傾向があるため、リアルとネットで同じぐらいの結果ならネットを選んで行きます。
だからネットでの占い業というのも成り立っています。

占い以外のジャンルでも同様で、そのジャンルに関して「ネット検索する?」というのが最初の目安になります。
ネット検索をするなら、どんな内容について検索するかがポイントになります。

このポイントに絞ってホームページやブログを作れば集客が出来るようになります。
ポイントを絞るというのは、求められるネット検索に対して、回答となる情報を発信する、ということです。

これが最初のステップで、集客のキモになります

その次に必要な事は、集めた人に信頼して貰うという作業が入ります。
ネット検索をして目的の情報を見つけても、普通はそこで終了です。

でも、100人に1人、1000人に1人という割合で、もっと情報について知りたいという人がいます。
そういう人は、たどり着いたホームページやブログの他の情報を巡ってくれます。

さらに頻繁に更新されていれば、「他にも何か役立つ情報があるのではないか」と定期的に訪問してくれるようになります。
そして、「必要」がその人に発生した段階で、サービス購入・発注のチャンスが巡ってくるわけです。

集客の最終目的は様々ですが、基本的には「お問い合わせ」だと思います

そこに至るには、人が集まってくるだけの情報が必要になります。
このため情報を求める人がネット上にどれだけいるのか?ということを考えることがまずは必要です。

ここが抜けてしまうと、いくらホームページやブログを作っても人が集まってこないってことになります。
ネットで集客出来るかどうかは、「ネットで」需要があるかどうかです。

需要のあるなしについては自分でいろいろと調べるか、自分で調べられない場合は業者に依頼するしかないです。

ただ、占いというジャンルの場合は、どのジャンルでも大抵需要があります

この場合、需要があることは分かっていますので、自分の提供出来るサービスとネット上の需要を比較する必要があります。

占いだから大丈夫というわけではなく、自分の占いとネット上の需要をチェックするぐらいは必要です。
ここを整理しないで始めると、占いであっても集客は難しいです。

タイトルとURLをコピーしました