ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ホームページやブログを作るときにデザインや見た目で迷った時に大切にしたら良いこと

とにかく初心者のためのヒント

ホームページやブログを自分で運営するようになると、思ったように人が集まらないときに、見た目に走りやすくなります

デザインが良い方が集客をしやすい、SEOに強い、そんな事を考えてしまうときは、思ったように集客が出来ていないときです。
でも、こういうときに見栄えを良くしようと業者におしゃれに作ってもらっても、成果が出ず結局、自己満足で終わります。

手作り感満載のホームページやブログであっても集客は出来ますし、おしゃれ度抜群でもだめなものはだめです。
これは理由がはっきりしていて「求めるものがそこにあるのかないのか」です。

ほしい情報がそこにあるならば、ゴミのようなデザイン、素人丸出しの見た目であっても全く関係ないです。
それよりも「その情報にたどり着く形が出来ているかどうか」の方がよほど重要です。

一番はタイトルであり、そしてタイトルに一致した内容です(タイトルについてはここで書いてます)。
ネットに載せた情報というのは何らかの形でたどり着いてもらう必要がありますが、今は検索でたどり着いてもらうのが一番確実な方法です。

このため「検索からのアクセス」を意識した作りが優先されます

ブログやホームページの構成を考えるときも「検索からのアクセスが見込める情報なのか、検索からアクセスした人用につくる情報なのか」を整理します。
たとえば、鑑定一覧のようなものはアクセスしてきた人が後々チェックするものですので、タイトルなどは重要じゃ無いです。

しかし、その人の悩みや望んでいることについてはタイトルと内容が重要になります。
この部分さえきちんと整理が出来ていれば、文章の書き方やタイトルの書き方も随分と変わってきます。

そして、この段階ではまだデザインは重要じゃ無いです。
デザインについては、かっこ良さなどは最後まで重要じゃ無いです。

デザインで重要になるのは「見た瞬間にどこに何があるか分かる」が理想です

これはそのホームページやブログのジャンルや利用者の傾向、何を求めているのか、何を売り出したいのか、置かれている条件によって変わってくるので微調整が必要になります。

私自身、このブログはそれほどでも無いですが、占いのメインブログは常に微調整しています。
最初は良いと思えた構成であっても時間が経ったらやっぱりこっちの方が使いやすいよね、という感じで終わりが無い作業です。

この構成というのはメニューであったり、各種パーツの配置であったり、文字やリンクの色であったり大きさであったり様々です。
実際にパソコンやスマホで表示をしてみて、見やすさや分かりやすさなどを「実際に来ているユーザー層」に合わせて調整する作業です。

おしゃれなデザインを考慮する暇なんてどこにもありません(笑)

パソコンを使う人はついついパソコン画面ばかりでチェックしますし、スマホの人はスマホばかりでチェックしますが、大事なのはアクセスが多い媒体をメインに確認する感じです。

それでも重要なのはどんな内容が書かれているかであり、どんな人のアクセスを望んでいて、どんな人がアクセスをしてきているかを整理することです。

デザインはどんなに良くても、その前段の必要な情報の整理がされていなかったら自己満足にしかならないです。
まずは作っているものの内容の一致を再確認することから始めるのが、集客を成果につなげる近道です。

タイトルとURLをコピーしました