初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。

占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ

今日の最適化・SEO

ペイペイで転売は儲かる?

投稿日:



ペイペイで20%還元、ビックカメラならビックポイントが8%、ビックポイントでは無く楽天カード(楽天ビック)適用なら10%のポイントが付きます。

そして、40回(条件によっては20回、10回)に1回の確率で全額ポイントバック(上限10万円相当)もあります。

これを利用して、既に転売屋が大活躍大回転をしているところで、メルカリにiPadやswitchなどが出品中です。

転売すれば儲かるのか!と思い、計算したお話が今回のメインです

結論から言いますと、転売を2~3回繰り返さないと無理という結論に達し、手元に残るお金も普通の人は微々たるものと見ました。

ペイペイは買いたい物に使うのが一番お得という結論になりました。

最初にまとめを書いておきます。

転売とかがよく分からなくて、これを機会にやってみようと思う人は止めた方が良いです。

後述しますが、ちゃんと計算したら意外に手間がかかり、損をしている可能性もあるからです。

一方で、買いたい物があるならペイペイを使って買っても良いね!という一面があります。

でも、劇押しではありません。

ペイペイはすごくお得に見えるけど、人によってはそうでも無い

キャンペーン中のペイペイは20%分のポイント還元をしてくれます。

翌月付与してくれます。

大事なことは「支払う金額が安くなるわけではない」ということです。

1万円の物を買ったら2000円分のポイントを還元してくれますが、現金の支払いに1万円の違いはありません。

では2000円分のポイントは無駄になるかというと、「ペイペイを使う」ならメリットはあります。

使わないならポイント還元を受けてもメリットはありません。

ビックカメラとペイペイの話題がツイッターではよく見かけますが、これはポイント還元(ビックポイント8%、楽天ビック10%)が大きいためです。

でも、普段ビックカメラを使わない人がペイペイを使って買ったからといって、そもそもペイペイを使える環境にない人にとっては使い道がないポイント還元になります。

コンビニではファミマ等でも使えますが、普段、ファミマを使わない人にとってはどうでしょうか。

これを機会にペイペイにポイントもあるし、ファミマで買い物をするかなというのもありです。

そういう意味では新たな購買層を切り開くきっかけとなりますし、日常生活の中で大いに役立つ人も出てきます。

無理にペイペイにこだわる必要性があるかどうかは微妙です

実際、アマゾンで私が欲しいなと思っていたものは1万円でしたが、ビックカメラで2万円でした。

冷静になればアマゾンで買った方がお得です。

ビックカメラでしか買い物をしない!という人にとってはお得感満載ですが、実際はペイペイの利用可能店舗に、日常的に使う店舗があれば使えますが、そうじゃない人はないのと同じです。

ペイペイがお得になる人

1.ペイペイ利用可能店舗に買いたい商品がある人

2.1に加えて、欲しい商品等の料金がその他のお店と比べてほぼ同じ料金の場合(2割以上違う場合は微妙)

ペイペイがお得じゃない人

1.20%還元だからと無理をして欲しい物を探し、わざわざペイペイ利用可能店舗で買う人

2.転売をやれば儲かると勘違いしている人

ペイペイは登録をすると最初に500円分付与されるので、試しに使ってみたりするにはとても良いと思います。

これから年末・年始に掛けていろいろとお金が掛かるので、どうせなら実質2割以上安くなるお店で買いたいという人にも良いです。

でも、儲けたいと思う人は、あまりお得じゃないのでほどほどが良いです。

結局、必要な人ほどペイペイはお得な仕組みですが、にわか儲けたい人は散財するだけかも(笑)

転売で儲けられるかどうか、実際に試算してみました

プロ転売屋さんはもうちょっとうまくやると思いますが、現段階のペイペイの仕組みでどの程度のことが出来るか整理します。

ペイペイは25万円使うと5万円分(20%相当)のポイントバックが確定しています。
※毎月5万円がポイントバックの上限
※100億円キャッシュバック企画が終了次第なくなるキャンペーン(または、2019年3月31日まで)

このポイントバックは翌月の10日前後ぐらいに付与されるとあります。(つまり、翌月の10日前後までは使えないポイント)

25万円分何かを買って、5万円分のポイントが戻ってきても、そのポイントが使えるのは翌月以降です。

このため、まず25万円の現金支払いが先行します(ボーナス一括などはまた別のお話)。

私は手間を掛けたくないのでクレカ払いとし、Yahoo!クレジットカードを使う条件設定にしました。

転売の目的は欲しい物を実質無料で手に入れるか、現金を増やすかだと思います

転売のためには、購入する物も「高く売れる物が良い」ということになります。

買値よりも高く売れるのは人気商品ですが、実際に見つけるのは難しいです。

その道に通じていれば別ですが、これから転売で儲けようとする人には難しい話です。

結果として、買値とほぼ同じぐらいで売れる物を見つける方が早いです。

でも、上で書いたようにiPadやゲームのswitchなどは、みんなが買うので転売目的では手に入りにくくなります。

事実、ビックカメラでiPadが品切れになったりしているけれど、メルカリにはたくさん出品されています。

転売する時は出来るだけ購入価格と同じか、それ以上じゃないと持ち出しの現金が増えてしまい、本末転倒です。

私が見つけたのはドライヤーや音響関連です。

これらの商品はほぼ買値とヤフオク価格が近い感じなので、送料分がマイナスになるぐらいでしょうか。

価格帯は5万~10万ぐらいです。

キャンペーン対象は25万円(5万円相当ポイントバック)までなので、25万円に収まる範囲で購入します。

ただし、それだけではだめで、メルカリにしろヤフオクにしろ出品する場合は、送料や手数料が重なってきます。(今回はヤフオクで計算してます)

このため出来れば10万円の商品を購入し、ヤフオクで売ると送料は1回分だけで良くなります。

10万円の商品を購入するのにも意味があります

上でも書きましたが、今回のキャンペーンは上限10万全額ポイントバックの制度があります。

10万円で何かを買って、全額戻ってくると実質0円で購入出来た事になります。
※10万円の現金支払いは発生します。

15万円で何かを買って全額戻ってきたとしても上限10万円なので、5万円は持ち出しになります。

一方で5万円で何かを買って全額戻ってきた場合も実質0円で購入できたことになります。

効率から考えて10万円程度の商品を購入する方がよく、だからこそiPadが売れていたわけです。
※iPad pro 11インチが10万円前後

iPadproを2台買い、switchを買うと大体25万円ぐらいになります。

仮に、この通りに買うことが出来た場合で計算します。

ちょっと見にくいですが、こんな感じになります。

iPad pro 11 1台目 支払い 受け取り
購入
購入価格(後日支払い金額) ¥96,973
ペイペイ20%ポイント ¥19,395
楽天ビックポイント10%
※上限10000ポイントまで
¥9,697
ビックポイント8%
楽天とビックはどちらかしか適用出来ない
転売
ヤフオク出品価格 ¥92,000
ヤフオク落札手数料8.64% ¥7,949
ヤフーポイント出金手数料2.16% ¥1,987
手元に残るお金 ¥82,064
手元に残るポイント ¥29,092
現金マイナス分 ¥14,909
現金支払い総額 ¥111,882
iPad pro 11 2台目 支払い 受け取り
購入
購入価格(後日支払い金額) ¥96,973
ペイペイ20%ポイント ¥19,395
楽天ビックポイント10%
※上限10000ポイントまで
ビックポイント8% ¥7,758
楽天とビックはどちらかしか適用出来ない
転売
ヤフオク出品価格 ¥92,000
ヤフオク落札手数料8.64% ¥7,949
ヤフーポイント出金手数料2.16% ¥1,987
手元に残るお金 ¥82,064
手元に残るポイント ¥27,152
現金マイナス分 ¥14,909
現金支払い総額 ¥111,882
任天堂switch本体 支払い 受け取り
購入
購入価格(後日支払い金額) ¥32,367
ペイペイ20%ポイント ¥6,473
楽天ビックポイント10%
※上限10000ポイントまで
ビックポイント8% ¥2,589
楽天とビックはどちらかしか適用出来ない
転売
ヤフオク出品価格 ¥32,000
ヤフオク落札手数料8.64% ¥2,765
ヤフーポイント出金手数料2.16% ¥691
手元に残るお金 ¥28,544
手元に残るポイント ¥9,063
現金マイナス分 ¥3,823
現金支払い総額 ¥36,190

いろいろと書きましたが、最終的には3つの商品を買って、もろもろの支払いの総計は26万円弱になります。

全部予定通りヤフオクで売れたとして、手元に残るお金はポイントも含めて同じく26万円弱になります。

こんな感じです。

現金支払い総額 ¥259,954
手元に残るお金 ¥192,672
手元に残るポイントすぐ使える ¥20,045
翌月以降に使える ¥45,263
合計 ¥257,979

この計算ではマイナス2千円になってます(笑)。

実際にはヤフオクはヤフーマネーにする事で3%のヤフーポイントがつくので、ほぼとんとんです。

転売をしようと思って、人気の商品を買って売ってってやっても何も残らない現実があります。

仮に残っても、わずかばかりです。

もちろん、この3台を買う中で全額ポイントバックになる商品が出れば、その分儲かります。

でも、当たらなければ、何も残りません。

転売で儲けようと思うなら、全額ポイントバックに当たることを願いながら購入するか、購入価格よりも遙かに高い金額で売れる商品を見つけ購入するかです。

それでもせいぜい数万~10数万ぐらいと想定されます。

しかも、上の計算で手元に残るポイントは65000ポイントほどになります。

これで何かを買って売らないと現金は手に入らないですし、商品購入の支払いにも回せません。

つまり、転売で儲けようと思って購入し始めても、何回も商品を回転させないとトントンにすら出来ないという大変さです。

ここまで整理してたどり着いたのは、欲しい商品が他の通販サイトと比べてもほぼ同額(アップル製品は価格が近い)でどこで買っても同じなら、ペイペイを使う価値は十分にあるということでした。

儲けるためではなく、ペイペイの本来の趣旨の一つである消費促進に沿う場合、ストレス少なくスムーズに話が進む感じです。

結論として、ペイペイの恩恵を受けたいなら、素直に買いたい物を売ってるなら買うと良いよというお話にたどり着きました。





電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ



ネット集客トップに移動

-今日の最適化・SEO

Copyright© 占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.