ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ブログで集客をする時に考えるのは、集めたい人と書いている内容が合っているかどうか

とにかく初心者のためのヒント

ブログでネット集客をする時には王道があります

ネットで集客をしようとするときに思いつくのが、とにかくブログを始めるという方法です。
既に会社組織がある場合は、ブログよりもホームページの作成が先にきます。

どちらであっても作成の目的は集客であることが多いです。
今回はブログのお話がメインになりますが、ブログを更新するときに大事なポイントは「内容の良い悪い」「内容の濃さ」「文章の長さ」ではないです。

良い内容が書けて、読み応えがあって、満足度の高いブログを書く事が出来れば一番良いです。
しかし、全くブログをやったことがない人の場合はほとんど無理なやり方ですし、私自身もそんなことを意識して書いたりしていません。

ブログを書くときに意識する事は「どこからどんなアクセスを優先するか」です

ヤフー検索なのか、グーグル検索なのか、ツイッターなのかフェイスブックなのか、それとも直接名刺や広告からなのか、なんなのかです。
パソコンではターゲット層によってはヤフーからの検索が多いでしょう。

スマホでiPhoneならグーグルからの検索が多くなります。
ツイッターやフェイスブック、名刺なら繋がりのある人のアクセスが増えます。

広告や宣伝などの場合は、関心のある人のアクセスになります。

それぞれのアクセスの動向によって書く内容も異なってきます

広告や宣伝からアクセスが来る場合は、商品やサービスに興味がある人がアクセスしてくるわけですから、ブログに関してもその内容に沿ったモノとなります。
ツイッターやフェイスブック、名刺などの場合は、商品やサービスに興味がある人と言うよりも、「その人そのもの」あるいは「その会社」に興味を持ってアクセスをしてくることが多いです。

自分がどんなことをやっているのか、あるいは会社がどんなことをやっているのかということを情報発信していく内容になります。
検索からのアクセスのメインは「悩み」や「探していること」に対する答えを発信していく内容になります。

もちろん、自分のサービスなどに関連がある悩みに対する答えになります。
それぞれのアクセス経路によってブログに書く内容が異なります。

最終的には「人となり」も大事ですし、「商品・サービス説明」も大事ですし、「悩みに対する答え」も大事になります。
ただ、メインアクセスの傾向を考慮したブログ内容にすることは、結果として成約に繋がっていくことになります。

良い話は書けなくても、どこからのアクセスが多いのか、あるいはどんなアクセスを望むのかによって書く事を変えていくと効果的に集客しやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました