ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ブログで人を惹きつけるために大切なポイント

とにかく初心者のためのヒント

良いことを書こうとするから書けなくなる

ブログを書くときにありがちなのが「ネタが無い」ということです。

この「ネタ」とは、その人のブログに書こうとしているテーマに対する「想い」です。

ブログの書き方はいろんな指南がありますが、私は書きたいことを書けば良いと言ってます。

ただし、自分が売りたいと思うジャンルに関してです。

日常のことはどうでも良いです。

ただ、私のアメブロを見ると、適当に好きなことを書いてます。

「これでも良いの?」ってなりそうですが、このブログはこれで良い

理由は「集客のためにやってない」からです。

ブログでもホームページでも同じですが、目的を明確にして運営することが大事で、それに沿ったやり方ならどんな形でも大丈夫です。

だから、集客のためにブログを運営するなら、日常の事やプライベートのことなんかを書いてる場合じゃないです。

日常やプライベートの内容を理由にアクセスしてきた場合、その人の意識を、自分の売りたいサービスに変えていくのはめっちゃ大変です。

だって、それを求めてアクセスしてきたわけじゃないからです。

これが逆のパターンで自分のサービスに対してアクセスをしてきた人に、ちょこちょこっとプライベートを小出しにする場合は大丈夫です。

自分のサービスに関心を持ってくれた人は、自分そのものにも関心を持ってくれるケースが多い

やってることは同じなのに、やり方を間違えると全然結果が違う形になります。

そして、ここにヒントがあります。

集客をしたい時は、自分のサービスやそれに関連する事を書きます。

それに対して「こうしなければならない」っていうのはありません。

好きなことを書けば良いです。

ただし、「自分の想い」を込めて下さい。

人はたとえ内容がしっかりしたものでも、そこに「想い」が無いとなぜか関心が惹かれません

文章の上手下手ではないです。

「これは知っておいた方が良いよ!これは役立つよ!」という感じで「自分が良いと想えている」なら、伝えたくなるはずなんです。

良い物だから良いんだよ、だからあなたも知ってみて!って感じ。

きれいな文章とか、読みやすい文章とか、基本的にどうでも良いです。

書き手のこちら側が求めているのは、自分に関心を持って貰いたい、自分のサービスや商品に関心を持て貰いたいという想いです。

そのために必要な事はとことん「これは良いよ」ということを伝えていくだけです。

「これは良いよ」と伝える時、これはこのケース、あれはあのケース、こんなことやあんなことにも使える、役立つ、そういう役立つ人や状況、ケースに分けてどんどん書いていく

たとえ内容が重複しても問題ないです。

自分がその人・状況にはこれが良いと思えるなら、それは重複していても大事な情報なんです。

さらに言えば、人は「自分に関連がない」と思うと、意識を向けないです。

極端に言えば、全く同じ内容でも対象者が違えば問題無いってことです。

ブログを書く、情報を発信するっていうのは、それぐらい「とにかく良いんだよ!」という想いで書くことが大事で、それ以外のことを各必要はありません。

こんなやり方をすれと、そのブログはめちゃめちゃ人間味のあふれるブログになります。

そのブログは読む人を選びます

好き嫌いが分かれます。

でも、だからこそ人が集まってきてくれます。

ブログをやる目的は、自分のサービスや商品に関心を持って貰って、購入して頂く事だと思います。

そのために必要な事は「とにかく良いんだよ!」ということをとことん書いていくことです。

そうすれば良い感じで人が集まってくるようになります。

タイトルとURLをコピーしました