ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ネット集客を効率的にするキーワードはこれ

とにかく初心者のためのヒント

占いのキーワードだけでもタロット・西洋占星術・家相・風水などいろいろとありますが、集客のキーワードとして微妙です

前回、ブログのタイトルや記事タイトルは大事だよって話をしました。(ここ
タイトルの中に「当たるタロット占い」とかって入れやすいです。

入れることが悪いわけじゃ無いです。
でも、悩みの数とタロットで鑑定をして貰おうとする人の数とどっちが多いでしょう。

何を言いたいかというと、ほとんどの人は「自分の悩みがどんな占いでみてもらうと良いのか分からない」ということです。
これがものすごく重要なキーワードになるのですが、伝わりますでしょうか。

出会いが無いけどどうしたら良いのだろうって悩んでいる人が何とかしようとしてネット検索をしています

そのときに探すキーワードは「出会いが無い 占い」というのはまだ分かっている人です。
おそらく「出会いが無い 見つけ方」とか、「出会い 方法」とかではないかと思います。

私のメインブログのタイトルはこんな感じになっています↓
「九星気学・方位学 メールで引っ越し方位鑑定が出来る内田さんの占いブログ」

一般的なキーワードは「引っ越し」ぐらいしかないです。
九星気学も方位学も普通の人は知りません。

それなのにたくさん検索されるのは「記事タイトルのキーワードを身近にしている」というのがあります

私のブログで最も読まれているお話はこれです↓
「持ち物が壊れるときは、自分を見直すチャンス」

占いなんて全く関係ないです(笑)
でも、世の中にはものが壊れたときに何かあるのでは無いかと気になって検索される人が多いです。

そして、まずは「ものが壊れる」というキーワードで検索し、私のブログを見て「占いに関わるんだな」ということに気がついて貰います。
関心が出てきた人は更にいろいろとブログの記事を読んでいって、占いって人生に関わっているんだなってことに気がついて貰います。

もともと何かが気になって検索されている人ですので、何人かに一人は占いに関心を持つようになります

私はブログをよく更新しているので、頻繁に訪問して貰えるようになります。
何かの拍子に「占ってもらおう」という流れになります。

これが私の鑑定に至るまでの主な流れです。
一見関連の無いキーワードで広く浅いところから集めたアクセスといえど、少しは関係しています。

その結果、幅広いアクセスを集めることが出来るわけです。
これが占いのキーワードだけで書いていくとなると「占いに関心のある人しか」集まらないということになります。

たとえばこのブログのように(笑)

このブログは基本的に占い師のために書いてます。
このため占い師の人しか検索しないようなキーワードばかりになっています。

たまに本題とは別のSIMカードの話とか、メルカリの話とかしていて、そっちの方がアクセスが多くて笑えますが。
いくら幅広いといっても、占いとかけ離れすぎている場合は集客効果はあっても属性が違いすぎるため、そういうキーワードでいくら書いても成果には繋がらないです。

でも、メインとする占いのキーワードだけでもやっぱりだめです。

じゃあどうやってキーワードを探すかですが、このやり方は簡単です

タロットならタロットで良いのですが、記事タイトルを付けるときに「タロット」というキーワードをカットすれば良いだけです。
たとえば「お付き合いした方が良いか迷ったときはタロットが効果的」というブログ内容にするなら、「お付き合いをした方が良いか迷ったときはこうしたら良い」という感じです。

占いのキーワードはアクセスしてもらえば自然と目に映ります。
だから、記事タイトルで占いのキーワードは逆に要らないです。

それよりも実際に相談されたときのテーマをタイトルにしていくと、効果的なキーワードになります。
離婚をしてよいかどうか、この会社で良いかどうか、出会いがあるかどうか、結婚できるかどうかなど、いくらでも出てきます。

記事内容ではいくらでも占いのキーワードを出して良いです

タロットではこんな風に出るとか、こういうケースではこんな風にしたら良いとタロットには出るとか、なんでもOKです。
その代わりタイトルにだけは相談される内容をキーワードにする、ということを覚えておくと効果的です。

集客をしたいと思っているのに、意外とキーワードがおろそかになり、ありがちなタイトルになりやすいです。
ここを意識するだけでも効率的に集客が出来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました