ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ネット集客をするときに「ご相談お待ちしています」に意味は無い

お客様に選んで貰えるコツ

ネットであろうとリアルであろうとポイントを押さえていない言葉に意味はない

占い師さんのブログでありがちな「悩み事があったら相談してくださいね」っていう言葉。
あれ、意味ないです。

1%ぐらいは呼び水にはなるかもしれません。
しかし、鑑定を受けたいと思う人、相談をしたいと思う人はそんな言葉なんて無くたって相談します。

要するに「相談してね」っていうのは自己満足でしか無いってこと。
しかも、「相談してね」っていう言葉の裏側には「このブログを見ている人がいる」っていう暗黙知があります。

でも、見てませんから(笑)

ブログにしろホームページにしろ、見られていると思って言葉を使うことは大事です。
でも、実際にはだれも見てないです。

見てるのに人が集まってこないなら、よっぽど内容がつまらないんです。
ネット集客で大事な事は、「その情報に価値がある」と思って貰えるかどうかです。

占い師のブログなら占いに関心がある人に向けて情報発信をするものです。
そして、その情報発信って「誰向けなのか」っていうのも明確にする必要があります。

悩んでいる人に向けて書くっていうのは明確とは言えないです

何歳のどんな立場でどんな生活をしていてどんなことを感じていて、何がきっかけで悩んでいるのか、そういうところまで想定してブログは作るもんです。
こういうのってある程度以上年数を経過しているブログで、読んでくれる人もそれなりにいる場合は、多少緩くても良いんです。

でも、結果が出ていない、成果が実感出来ていないときはとても大事になります。
ブログを作るときに「誰向け?」って明確なブログは、訪問してすぐに離脱する直帰率も高いですが、そのものずばりですから定着率も高いんです。

今の時代は「占い師です」っていうブログは求められてないです。
そんなの山ほどいるから。

だから、やり方を一つ間違えると「無料だよ」って言ってるのに、大して人も集まらないんです

恋愛なら恋愛で出会いが無い人向けなのか、別れたばっかりの人なのか、30代なのか40代なのか、不倫なのか二股三股なのか、ターゲットによって書く内容が変わります。
たくさん書いていけば徐々に別のジャンルにも手を広げていくことになりますが、最初は一貫性が無いと訪問者の意識を留めておくことが出来ません。

人は「これ良いな」「これ役立つな」って感じると意識に残り、また訪問してくれる可能性が出てきます。
しかし、そうじゃない場合は二度と来てくれません。

二度と来てくれないブログをいつまで作ってたって、売れるようにはならないです。
これは占いの当たる当たらないなど技術には全く関係無いこと。
「見せ方」の話なので、学べば出来るようになるジャンルです。

タイトルとURLをコピーしました