ネット初心者の人はまずはここから(詳細)

ネット集客のための作業は得意な作業を最優先する方が効率的

とにかく初心者のためのヒント

ネットで集客を考える時、最初に整理したいのは「何をネットに求めるか」です

ネットで集客って言葉は一言ですが、何をしたいかをはっきりさせた方が作業が効率的になります。
ネットに求めるのは、自分を知って貰いたいのか、商品を売りたいのか、看板なのか。

年月を掛けて作られたホームページやブログなどであれば、自然とネットに求めている全ての要素を網羅します。
私がメインで作っているホームページやブログも「占い師の内田さん」というブランドを作るためだったり、物販をするためだったり、鑑定の窓口だったり、問合せの窓口だったり、アフィリエイトの場所だったり、知り合いなどの紹介する広告だったり様々です。

いきなりこんな感じだったわけじゃ無いです。
本当の一番最初は「占いブログ」でした。

「方位について、引っ越しについて」をひたすら書いてました。
その次に、やっぱり鑑定を受けようかどうしようかって迷ったときは口コミだよねってことで、鑑定を受けてくれた相談者に対して「感想をお願い出来ますか?」と感想を書いて貰い、専用のブログを作りました。

この時、感想用に専用のブログを作ったのには理由があります

よくあるアメブロの占い師さんのやり方では、一つのブログに全部混ぜてます。
あれをやってしまうと、「求めている人に届きにくい」という現象を引き起こします。

だから、訪問者にとってメリットがあるような作りを意識して、一つずつ作ってました。
ネットの作業で挫折しないためのポイントは、とにかくいきなり全部は出来ないということです。

特にこれからネットでやろうっていう人にとっては「求めるポイント」から一つずつ始める方が効率が良いです。
求めている事に対して「自分は何だったら続けられるか」という基準で整理します。

鑑定を受けて貰うということならば、自分を知って貰い、この人の鑑定を受けてみたいと思って貰う必要があります。

この時に自分は何が出来るか、何だったら続けられるかを考える必要が出てきます

ブログが書けそうならばブログが良いですし、ブログは無理っていう人はツイッターやフェイスブックでも良いです。
ツイッターやフェイスブックは無理っていう場合、メルマガをやるっていう手もあります。

どの手段でも共通するのは「作業を継続出来る」と言うことです。
どれか一つだけ出来そうなものを選んで、後はとりあえず今だけ切り捨てます。

「どの手段を取っても」集客は出来ます。
どれでもやることはそれほど変わらないからこそ、一つを選び選んだ手段を使ってどれだけ作業を深めていけるかです。

やったりやらなかったりというのであれば、どんな手段を取ってもうまく行かないです

集中的に頑張ったとしても、ネット集客というのは短期で結果が出るものじゃないです。
だからこそ、これなら得意で続けられそうっていう作業を選ぶ必要があります。

ネットの作業は、その作業の先に「これ良いかも」って人に感じて貰う必要があります。
そのためにはいやいややったって良い結果はやっぱり出ないです。

「これなら私に任せれば大丈夫だよ!」っていうぐらいの気持ちが必要です。
そのためのモチベーションを維持するのに、得意な作業を中心にすることがポイントになります。

ブログは難しいけど、ツイッターならばんばんやっちゃう!っていう感じでなんでも良いです。
ネット集客で効果的なのは、とにかく何でも良いから作業を継続出来て深めていけることです。

そうすることで闇雲にやったり手広くやる以上に結果が早く出てくれます。

タイトルとURLをコピーしました