ネットで集客集客っていうけど、その前にこれに気づいて!

とにかく初心者のためのヒント

「集客した先に求められているものがありますか?」は大事

私のアメブロはこちらですが、普通は誰も関心をもつことは無い内容です↓(しかも随分更新してません(笑))
占術家 内田和男 いま、こんなことやってます

このアメブロは「占い師 内田和男」を知っているか、「占い師」に関心がある人ぐらいしか来ないはずです。

「内田和男」には誰も興味がないです。(普通、他人にそんなに関心は持たないです(笑))

しかも、最近はほんと「内田和男」としてのブログの書き方になっているので、「占い師 内田和男」に関心が持てない人は即閉じです。

それでもプライベートの事だけを書くことはなく、わざわざ訪問してきてくれる人の事を考えて書いています。

なんか面白いかもって思って貰える何かの話題を考えてたりもします。

集客のために、それだけの価値を提供したい

ブログを書くときは、「読み手の事を考える」とよく言います。

これがSNS(ツイッターやフェイスブックのこと)の活用と若干違うところです。

SNSは、特にやり始めの頃は、自分の知っている人ぐらいしか繋がりが無いです。

このため身内のやりとりで成立します。

でも、これを商売で使うとなると「繋がっている相手のことを考えて使う」ということになります。

ツイッターで結構あるのが、ブログ更新通知だけしているアカウントです。

ブログ更新以外の価値を提供することが付加価値

ツイッターは「ツイッターで繋がっている人に何を提供するか」がポイントで、ブログ通知はメイン作業にはならないです。

ブログは「ここにはあなたにとってメリットのあるものが書いてありますよ」が主な役割です。

検索の仕組みを見ると、検索は検索する人が求めている情報に対して答えを提供するものです。

ブログは、その答えを書く場所です。

これは極端な言い方になっているのかもしれませんが、コミュニケーションのためにブログを書いている人以外には大事な事です。

コミュニケーションでも、検索で集客をしたい人でも、やることは同じ

訪問してくる人に楽しんで貰うことがメインになります。

ここを意識しないでブログを書いてしまうと、本当に日記帳になってしまいます。

プライベートでそれをやるのは良いのだけど、「集客」って考えたらそれはズレてます。

そこの理解は大切なのですが、どうでしょう。

電話(LINE)相談・サポートネット集客ワークショップ





関連記事一覧