初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。

占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ

自分でホームページ・ブログを作る方法

とりあえずホームページを作るならSIRIUS(シリウス)という作成ソフトで十分

更新日:




かっこいいホームページを作ることを考えないで、理にかなったホームページを作ることを優先するならこのソフトで十分

せっかくホームページを作るなら、自分が想っているような形にしたい ⇒ 間違いです(笑)
ネット上にホームページを公開するにせよ、ブログを公開するにせよ、そこに求めている役割は「自己紹介」「商売」「情報発信」です。

見た目がぐだぐだなのはダメですが、どこに何があるかが分かる作りを意識すれば、後はどうでも良いです。
これが本当のお話。

その理由は作り手の意識よりも、訪問者に対する利便性の方が優先されるためです。
趣味のホームページやブログなら好きなようにすれば良いですが、商売を意識している場合は「来てくれる人第一優先」になります。

自分のところの特色を出そうとするから、余計なお金が掛かるし、準備が整ってからやった方が良いって思うわけですが、ネットは一日でも早く載せた方が良いです

その理由は「ヤフーやグーグルで検索されやすくなる」ためです。
検索されるためにかっこよくすること自体は重要では無く、検索されるために一日でも早くネットにホームページを載せる方が圧倒的に重要です。

また、ホームページを作成するソフトは様々なものがあります。
私が使ってきただけでもホームページビルダー、ドリームウィーバーなど有名どころがあります。

でも、そのどれもが自由度があるだけに、途中で分からなくなってしまいます。
大抵はここで心が折れて、難しいから出来ないってなります。

ホームページビルダーなんて初心者向けなのに、やっぱり同じような状態になっちゃいます。(私はなっちゃいました(笑))

自由度が高いので、自分の想ったようにしたくなるから余計に変なところに力が入ってしまってわけが分からなくなりました。
実際それで、半年以上ホームページについては放置するハメになったわけです。

誰かが教えてくれたわけでもないし、何を聞いて良いのかもよく分からなかったって言うのもあります。
そういった経過をたどってたどり着いたのが、いつも紹介しているSIRIUS(シリウス)というホームページ作成ソフトです。

このソフトはホームページビルダーやドリームウィーバーのように細かいことは出来ません。
また、そもそもそんな細かい事はやらなくて良いことがほとんどです。

大抵「こんな風に出来たら良いのに」と想う機能はいらない機能で、自己満足になりやすいです

ネット上で公開するのに必要十分な情報を載せさせてくれる「形」を提供してくれて、しかもよく分からなくてもネット上にホームページが作れるっていうのが最高です!
SIRIUSの販売ページはこちらになります↓通常版と上位版があります

(通常版)

(上位版)

通常版と上位版には違いがありますが、このブログをご覧になっている人用に整理するとこうなります↓

シリウスの違い 通常版 上位版
価格 18800円 24800円
パソコン・スマホ・携帯用のサイト作成 パソコン・携帯のみ パソコン・スマホ・携帯OK
パソコン・スマホの両方で同じ構成で表示するテンプレート(レスポンシブ) 有り 有り
初心者モード 有り 有り

 

シリウスには通常版と上位版があり、上の表以外にもいろんな機能があります。
でも、最初は不要です。

それよりも通常版の方が良いのか、上位版の方が良いのかです

私がシリウスを購入したのは2014年だったのですが、当時はパソコン・スマホ・携帯に同じ内容で表示したいと思って上位版を購入しました。
これらの機能はホームページビルダーにもあるのですが、デフォルトの設定以外はうまく引き継げないという面倒さがありました。

シリウスは最初から枠が決まっているので、引き継ぎはうまく行きます。
ただ、携帯電話はもともと表示する情報量が圧倒的に少なく、機種によってはうまく表示されない症状も出ていたので、結局、パソコンとスマホ表示(上位版)になりました。

その中で2015年から出始めた、レスポンシブというパソコンとスマホが同じ構成で見ることが出来る仕組みが、普及し始めました。
これならパソコンで修正したものがスマホでも同じように見ることが出来るため非常に便利です。

このレスポンシブというのは通常版でも上位版でも使えるため安く抑えたい場合は通常版で良いと思います。

ただ、数千円の違いなので上位版を買っておけば大は小を兼ねるので、「買っておけば良かったな・・・」と思わなくて済むかも知れません。
購入後に上位版にアップグレードも出来るので、この編はどちらでも良いです。

本当にシリウスでホームページを作るのは簡単なの?(準備編)

まずこちらから通常版か上位版を購入します↓

(通常版)

(上位版)

購入すると、「【SIRIUS】ライセンス番号のご案内」というメールが届きます。
そこにシリウスのサポートページへのアクセスIDとパスワードが記載してあるので、サポートページにログインします。

私はここで迷ってしまって、どこでダウンロードするんだろうって思ってましたが、開いた画面の下の方にダウンロードボタンがありました。
こんな感じ↓
スクリーンショット 2016-08-03 11.31.07
※画像クリックで拡大します(以下同様)

ダウンロードをしてインストールしソフトを起動すると、「ライセンス認証」というのが出ます。
届いたメールにライセンス番号も記載してあるので、それらを入れて「認証」ボタンを押せばOKです。

すると最初にこんな画面が出てきます↓
スクリーンショット 2016-08-03 11.35.09

是非、初心者モードを選んで下さい(笑)
※初心者モードは後から通常モードに変更出来ますし、その逆も出来ます。

私は最初、通常モードから入ってしまったので、少し迷いました。

本当にシリウスでホームページを作るのは簡単なの?(作業編)

それでは本当にシリウスでホームページを作るのが簡単なのかどうかを見て行きます。
最初にこんな画面になります↓
スクリーンショット 2016-08-03 11.38.21

何も作っていないので、空欄です。
この画面の左上にある「新規作成」をクリックします。
するとこうなります↓
スクリーンショット 2016-08-03 11.40.14

【STEP1】サイト全体設定の場所で、ここではアクセス解析タグ以外は全て必要ですが、難しくありません。
まず、サイト名は自分が付けたいホームページの表示名です。
内田和男のお試しサイトって入れました。

次に、「サイト説明」というのは、そのホームページの概要になります。
一応、自分や会社の理念を書いておくと良いです。
私はこんな感じ⇒「ホームページや誰でも簡単に作れる。だからわざわざ業者に依頼する前に、まずは自分でやってみたって良いじゃない!」

H1テキストというのは、そのホームページの中心となるキーワードみたいなモノですが、空欄の右側に[...]というのが見えると思います。
それをクリックすれば「サイト名」が自動的にコピーされます。

「サイトURL」はムームードメインやお名前.comで契約したドメインをhttpから始めて入力します。
今回はkunetwork.netに入れます。
こんな感じ⇒ http://kunetwork.net/
SSLにした場合はこんな感じ⇒ https://kunetwork.net/

ただ、私はkunetwork.netという一番上の場所に入れてしまうと不都合なので、その下になるkunetwork.net/test/にしています。
やっている事は同じです。

「テンプレート」は右側にある「参照」をクリックすればいろいろ出てきます。
こんな感じ↓
スクリーンショット 2016-08-03 11.47.48

まず一番左上の「メニュー位置」というのがありますが、これは「左メニュー」になってます。
でも、右メニューも選択出来ます。
私は一応右メニューの2カラムのレッドにしてみました
※カラムというのは列みたいなもので1列なのか2列なのか3列なのかを選びます。

後で変更出来ますが、出来れば右メニューを選ぶと良いです。
テンプレートを選んだら、画面右下にある「ヘッダー画像選択」をクリックします。
するとこんな感じでずらっと並びます↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.00.59

好きな画像を選んだら右下にある「開く」をクリックします。
すると、私の場合はこんな感じになっちゃいました↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.03.23

上の「サンプル」っていうところに画像が重なってしまってます。
つまり、選んだ画像の左側に何かマークがきているとこの場合うまく表示されないと言うことになります。

このためマークが右側に来るモノを選びなおしました。
それがこれ↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.04.57

今度は大丈夫♪
※文字を右にしたり左にしたりすることは可能ですが、ここではとにかくホームページをネット上に載せることを優先するので、まずは枠にあった形でやります。

一通り設定が出来たら、画面中央下にある「選択」をクリックします。
「ヘッダー画像が変更されています。現在選択されているヘッダー画像を設定しますか?」と聞いてきますので、「はい」をクリックします。

これで「STEP1」は全て埋まりました↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.16.55

次に画面右上にある「次のステップへ」をクリックします。
するとこうなります↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.18.15

「【STEP2】トップページの記事編集」になるのですが、これは要するに開いたサイトの一番最初に見えているページのことです。
私のメインサイトならこの部分↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.19.15

ここに何を書くと良いかですが、一番最初に人が訪れるところなので、伝えたいことを書けば良いです。
初心者モードでもいろいろと出来ますが、とにかく2点だけ入力して下さい。

それは「記事タイトル」と「記事本文」です。
画像とかも最初はいらないです。
こんな感じで入力しました↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.25.55

ここまで入力したら(もちろん後で修正出来ます)、画面右上の「次のステップへ」をクリックして下さい。
するとこんな画面になります↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.27.11

「エントリーページの追加」になるのですが、要するに他のページの事です。
会社概要などを載せたい場合や、プロフィールなどを載せたい場合は、ここを使います。
エントリーページはいくらでも追加出来ます。

とりあえず何か別のページを作りたい場合は、画面右中段にある「エントリーページの追加」をクリックします。
するとこんなのが出ます↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.28.46

エントリー名っていうところが、そのページの見出しタイトルになります。
プロフィールならプロフィール、会社概要なら会社概要、サービス内容ならサービス内容って感じで入れると良いです。

その次にある「エントリー説明」っていうのは最初に入力したものがそのまま引き継がれています。
ここは変えなくても良いです。
慣れてきたらそのページに合わせた説明を書くようにすれば良いです。

その次にある「H1テキスト」は右側にある[...]をクリックすれば、「エントリー名」を自動コピーしてくれます。
次に「METAキーワード」があります。

これは検索の時に「こういうキーワードで検索して欲しい」というキーワードを「,(半角コロン)」で区切ります。
たとえば「ホームページ作成,初心者,簡単」という感じです。

これは自分の作っているホームページによって違うので、自分の状況に合わせてください
次の「META説明文」っていうのはその上にある「エントリー説明」をそのままコピーしてあるので、触らなくても良いです。
「エントリー説明」を変更したときのみ、「META説明文」の右側にある[...]をクリックすれば良いです。

最後に「ファイル名」ですが、これはそのページを指定する文字になります。
たとえば私のメインサイトはkunetwork.comですが、プロフィールページにアクセスする場合は、kunetwork.com/concept.htmlとなっています。
このためデフォルトでは「entry1」になっていますが、アルファベットで好きに変更してもOKです。

今回はプロフィールにしたので、profileを入力しました。
全てを入力したらこうなります↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.36.31

全部OKなら、下にある「OK」をクリックします。
するとまた見覚えのあるこれが出てきます↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.37.09

自分の書きたいタイトルと内容を書けばOkです。
今回はプロフィールについてなので、適当に書いてみました↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.41.05

後でいくらでも修正が効くので、とにかく書く事を優先しました。
出来上がったら下にある「OK」をクリックします。
するとこうなります↓
スクリーンショット 2016-08-03 12.41.47

真ん中の「サイトの構成」見てみると「トップページ」の下に、先ほど作った「プロフィール」が自動的に追加されています。
こんな感じで、必要なページをどんどんと足していけば良いです。

とりあえず2ページほど作ったら右上にある「次のステップへ」をクリックします。
こんなのが出ます↓
スクリーンショット 2016-08-03 22.56.26

真ん中の「サイトの生成」っていうのをクリックしてください。
するとこんなのが出るので「はい」をクリックします↓
スクリーンショット 2016-08-03 22.58.02

初めての場合は保存用のフォルダもないのでこんなのが出ます↓
スクリーンショット 2016-08-03 22.59.01

生成して問題無いので「はい」をクリックします。
フォルダー参照画面が出ます。
初めての保存になりますので、そのまま「OK」を押して大丈夫です↓
スクリーンショット 2016-08-03 23.00.13

するとこんな画面が出ます↓
スクリーンショット 2016-08-03 23.02.18

ネット上に公開するためのデータがこの段階でソフトから作られたことになります。
ここまで来たら各サーバーの設定に戻ることになります。

ここで一旦、各レンタルサーバーの設定をチェックする必要があります。
エックスサーバーのアップロードのための基本設定の確認はこちらから
ロリポップのアップロードのための基本設定の確認はこちらから

アップロードの設定については以下の順番で載せています。(クリックで移動します)
1.エックスサーバー
2.ロリポップ
..

レンタルサーバーでFTP(ネットに転送するための設定)の設定を確認したら、いよいよアップロードの準備をします(エックスサーバー)

いよいよパソコンからネット上に転送する準備に入っていきます。
下の画面にあるように、左側の「【STEP5】アップロード」をクリックします↓
image6

開いた画面の真ん中に見える「アップロード」をクリックするとこんな画面になります↓
スクリーンショット 2016-08-03 23.51.32

私の設定は既にあれこれ入れているためにモザイクを掛けていますが、初めての人はここが空欄になっているはずです。
新たにエックスサーバー用に設定しますので、開いた画面の右側、上から二番目の「新規設定」をクリックします。

この画面が出た後、開いた画面の左上にある「基本設定」をクリックします。
スクリーンショット 2016-08-03 23.55.29

するとこんな感じになります↓
スクリーンショット 2016-08-03 23.57.28

既に簡単に入れておきましたが、エックスサーバーで確認したFTPサーバー名をホスト名のところに入れ、ユーザー名も同じようにいれ、パスワードはメールに記載してあるものを入れます。
接続先の名前は、自分で分かれば良いので何でも良いです。

初期フォルダ名などは入力不要です。
一通り入れたら「OK」を押してください。

すると、先ほど付けた名前が表示されます↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.01.40

ここまで出来たら、画面右上にある「接続」をクリックします。
ここでこういう画面が表示されれば、うまくネット上に繋がっています↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.03.20

左側の「ローカル情報」というのがパソコン上で作られたデータで、シリウスのSTEP4で作成されたデータです。
右側はエックスサーバーで既にドメインを設定しているので、取得したドメインと同じフォルダが出来ているはずです。
その右側のフォルダをクリックして開きます。
するとこんな感じになります↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.06.16

これは指定したドメインの中に入っている必要なフォルダなのですが、この中の下から3番目に「public_html」というのが見えると思います。
赤枠の中です。
これをクリックします。
この場所です↓
image7

クリックするとこうなります↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.10.00

この場所にデータを転送します。
3つほどファイルがありますが、気にしなくて良いです。
ここまで来たら、画面真ん中上にある「全てのファイル」をクリックします。
image8

すると自動的にアップロード(転送)が始まります。
転送が完了すると「アップロード先が変更されています。この設定を保存しますか?」というのが出ますので、「はい」をクリックしてください。
こうすることで次回からさっきのような手順を省いて、そのまま転送したい場所に移動してくれます。

アップロードが完了すると、「アップロードが完了しました。FTPクライアントを終了しますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリックしてください。
最後にSTEP6の「サイトの確認」をクリックすればチェック出来ます。
サイドバーの「【STEP6】サイトの確認」をクリックします(右上の「次のステップ」へでもOKです)。
image9

するとこんな感じに表示されました↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.18.00

実際のリンクはこちらです。

初めての方は結構大変だったと思いますが、手順を踏めばちゃんと作れます。
また、この見た目は世の中に出回っている最も基本的な見た目の一つです。

普及している見た目ということは、初めて訪問する人が迷わなくて済む=情報を見つけやすい、ということです。
気になるところは後からせっせと修正したり、追加をしていけば良いです。

お疲れ様でした。
これであなたのためのホームページがネット上に公開されたことになります♪
..

レンタルサーバーでFTP(ネットに転送するための設定)の設定を確認したら、いよいよアップロードの準備をします(ロリポップ)

いよいよパソコンからネット上に転送する準備に入っていきます。
下の画面にあるように、左側の「【STEP5】アップロード」をクリックします↓
image6

開いた画面の真ん中に見える「アップロード」をクリックするとこんな画面になります↓
スクリーンショット 2016-08-03 23.51.32

私の設定は既にあれこれ入れているためにモザイクを掛けていますが、初めての人はここが空欄になっているはずです。
新たにロリポップ用に設定しますので、開いた画面の右側、上から二番目の「新規設定」をクリックします。

この画面が出た後、開いた画面の左上にある「基本設定」をクリックします。
スクリーンショット 2016-08-03 23.55.29

するとこんな感じになります↓
スクリーンショット 2016-08-10 17.30.22

既に簡単に入れておきましたが、ロリポップで確認したFTPサーバーをホスト名のところに入れ、ユーザー名はFTP・WebDAVアカウントを同じようにいれ、パスワードはFTP・WebDAVパスワードに記載してあるものを入れます。
接続先の名前は、自分で分かれば良いので何でも良いです。

初期フォルダ名などは入力不要です。
一通り入れたら「OK」を押してください。

すると、先ほど付けた名前が表示されます↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.01.40

ここまで出来たら、画面右上にある「接続」をクリックします。
ここでこういう画面が表示されれば、うまくネット上に繋がっています↓
スクリーンショット 2016-08-10 17.33.12

左側の「ローカル情報」というのがパソコン上で作られたデータで、シリウスのSTEP4で作成されたデータです。
右側はロリポップで既にドメインを設定しているので、取得したドメインと同じフォルダが出来ているはずです。
その右側のフォルダをクリックして開きます。
するとこんな感じになります↓
スクリーンショット 2016-08-10 17.34.33

この場所にデータを転送します。
ここまで来たら、画面真ん中上にある「全てのファイル」をクリックします。
image3

すると自動的にアップロード(転送)が始まります。
転送が完了すると「アップロード先が変更されています。この設定を保存しますか?」というのが出ますので、「はい」をクリックしてください。
こうすることで次回からさっきのような手順を省いて、そのまま転送したい場所に移動してくれます。

アップロードが完了すると、「アップロードが完了しました。FTPクライアントを終了しますか?」と聞いてくるので、「はい」をクリックしてください。
最後にSTEP6の「サイトの確認」をクリックすればチェック出来ます。
サイドバーの「【STEP6】サイトの確認」をクリックします(右上の「次のステップ」へでもOKです)。
image9

するとこんな感じに表示されました↓
スクリーンショット 2016-08-04 00.18.00

実際のリンクはこちらです。

初めての方は結構大変だったと思いますが、手順を踏めばちゃんと作れます。
また、この見た目は世の中に出回っている最も基本的な見た目の一つです。

普及している見た目ということは、初めて訪問する人が迷わなくて済む=情報を見つけやすい、ということです。
気になるところは後からせっせと修正したり、追加をしていけば良いです。

お疲れ様でした。
これであなたのためのホームページがネット上に公開されたことになります♪





【ホームページやブログを業者に依頼しようか、自分で作ろうか迷ったときのお役立ち集】

【最初に】

1.ホームページやブログをどこの業者に任せようか迷うぐらいなら、自分で作れば良いじゃ無い♪(移動)
2.ホームページやブログを自分で作るなら、まずはドメインの取得から始める(移動)

【ドメインの取得法】

・ムームードメインでドメインを取得する方法(移動)
・お名前.comでドメインを取得する手順(移動)

【レンタルサーバーについて】

3.レンタルサーバーを契約したら、ブログはすぐに作れますし、ホームページもソフトを買えばすぐ出来る♪(移動)

【レンタルサーバーの取得法】

・エックスサーバーでレンタルサーバーを借りてホームページやブログを作る手順(移動)
・ロリポップでレンタルサーバーを借りてホームページやブログを作る手順(移動)

【レンタルサーバーとドメインの繋ぎ方】

・レンタルサーバーとドメインを繋ぐためにムームードメインのネームサーバーの変更のやり方(移動)
・レンタルサーバーとドメインを繋ぐためにお名前.comのネームサーバーの変更のやり方(移動)

【お役立ち情報】

・とりあえずホームページを作るならSIRIUS(シリウス)という作成ソフトで十分(移動)
・ホームページを作る方が良い?ブログを作る方が良い?(移動)


The following two tabs change content below.

占術家 内田和男

初心者レベルでホームページやブログでネット集客をするためのコツを整理しています。主に占い師さん向けに書いていますが、ネット集客はどんなジャンルでも共通するモノがたくさんあります。ツイッターはこちら







 ネット集客ワークショップをやってます♪

【4月に大阪でお会い出来ます】
4月23日(月)~26日(木)は大阪に行く予定にしました。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)

 

ネット集客トップに移動

占い師に役立つ話

プロの占い師のなり方、占い師・占い業をやっていくための手順書 1

ここでは占い師になりたい人、すでに占いが出来る人、プロで占いをやっている人のすべてに向けて、ネット集客ほぼ100%の私のやり方をお伝えするために書いています。 ネットで集客をしつつ占い師として収入を得 ...

2

普通の占い師さんは「コミュニケーションツール」目的という以外に、ツイッターやフェイスブックを使う理由は無いです。 ※もちろん情報収集などにも使えますが、「自分の占い業のため」という条件を付け場合のお話 ...

3

ここの情報は平凡で知名度もなく、自分の力で何とかネットで集客をしたいという私のような人のために書いています。 占い師さん用にネット集客のやり方をブログに載せていると「手伝ってほしい」というご相談が来る ...

4

占い師さんがネットの作業で一番大変なことは「継続して更新する」です。 この継続して更新することを何とか出来ていたら、役立つコツなどがあります。 ここではそのコツを書いた投稿をまとめています。 &nbs ...

5

新幹線に乗る機会があるなら、私はJ-WESTのクレジットカードとEX-ICカードを取得することを周りの人に勧めています。 ※J-WESTカードはJR西日本のクレジットカードです(関東に住んでても取得で ...

6

有料のホームページやブログを作ろうか迷ったときは、自分で作れば良い <いろいろと説明しているので長いです> ここではいろいろとあるけれど、まあとりあえず自分でホームページやブログを作れば良いじゃないと ...

-自分でホームページ・ブログを作る方法

Copyright© 占い師のためのホームページ・ブログのネット集客のコツ , 2018 All Rights Reserved.